2017年05月01日

ファイナルステージを開始しました

全面竹林と化してしまった畑の開墾を始めて昨年いっぱいでちょうど10年。
今年から11年目に突入しました。
とりあえず畑の様子です。

畑2017.4.24.jpg

春の暖かさとともに雑草がグングンと伸びてきています。
手前が野菜栽培ゾーンの葉野菜栽培スペースです。
4面あります。
左側に切って積んでおいた竹が残っていまして、
まだこのスペースは完成まで行っていません・・・
その奥には果樹ゾーンがありまして10数本栽培しております。
さらに奥にはタケノコ栽培ゾーンの竹林があります。
タケノコの供給過多でこのスペースの縮小を決意しました。
開いたスペースに果樹を植えようかとも思っていますが、
今でも十分に世話が大変なのにこれ以上増やして手が回るのか?という問題もあります・・・

そしてこちらは根野菜栽培スペースです。

根野菜栽培スペース2017.4.24.jpg

こちらは一応完成しています。
こちらも4面あります。
すべて掘り起こして竹の地下茎と石を取り除いてあります。
硬い粘土質の土を砕こうと麦を栽培したりもしました。
今の土の状態がどのくらいか見てみました。

土2017.4.24.jpg

雑草の根っこがたくさん入り込んでいる感じではありますが、
硬くて粘っこいのはあまり変わっていないようにも感じます。
ここ3・4年も土作りに専念してきてこれでは・・・
もっとフカフカな感じを期待していたんですがねぇ・・・
竹林や果樹ゾーンの一部は既にそんな感じになってきているのですが、
野菜ゾーンの方はまだまだのようです。
10年もかかってこれでは無力感を感じずにはいられませんが、
それでも作物自体はそこそこ大きく育つようにはなってきているのも事実です。

ということでファイナルステージ最初の種蒔きを行いました。

タネ2017.4.24.jpg

スイカです。
かつて黄色の小玉スイカは栽培したことがあるのですが、
今回は同じ黄色でも大玉です。
かなり悪戦苦闘しそうな予感がしますが強行突破あるのみです。

そして今のところこんな状態です。

種蒔き完了2017.4.29.jpg

1ヶ所に5粒ずつ2ヶ所に蒔きました。
発芽直後を鳥や虫にやられないようにペットボトルのシェルターを被せてあります。
こんなのを被せるのは自然農法らしくありませんが致し方ありません・・・

野菜ゾーンの栽培スペース8面のうち1面はニンニク専用でしてただ今栽培中です。
さらにもう1面では自生しているシソを栽培する予定です。
そしてスイカに1面使いました。
残りの5面もすべて使います。
もう既にタネは購入済です。
今年はすべての栽培スペースをフル稼働します。

まだまだ畑の整備作業が終わっていませんでして未完成な状態なのですが、
それでも本格栽培に踏み切りました。
10年もやっていてこれ以上テスト栽培ばかり繰り返していられませんので・・・
まだ当分は栽培と整備の両方を平行してやって行くしかありません。
今後も様々な困難が待ち受けていると思いますが打ち勝っていく覚悟はできています。
ということで自然農法への道、ファイナルステージスタートです!!!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

サードステージを終了しました

年末年始の休みを満喫中です。
今年はもう作業が捗らなくて困りました・・・
予定していた作業が半分ちょいくらいしか進みませんでした。
今年は野菜栽培はしないと言っておきながら、
タネが余っていたので結構いろいろと栽培していたんです。
そんなこんなで畑の整備作業が遅れまくって焦っています。

とりあえず現在の畑の様子です。

畑2016.12.30.JPG

黒豆の収穫が終わりまして今のところジャンボニンニクと桜島大根だけ栽培中です。
この3つは累代栽培をしているので整備優先とは言っても栽培を中断するわけには行きません。
こちらについてはまたいずれ記事にします。
写真を見ていただいてわかるように支柱があちこちに立ててありますよね。
通常畑は栽培毎に畝を作るのが普通ですが、
うちでは栽培するスペースと通路がすべて決まっている花壇方式です。
メジャーで幅をキッチリと測りながらしっかりと設置しました。
棒が突き出ていると危ないのでペットボトルを被せてあります。
右側の根野菜栽培スペースは完成しているのですが、
左側の葉野菜栽培スペースはまだなんです。
本当は年内に終わらせたかったのですが・・・
何とか春までには何が何でも完成させます。

あと10月下旬に始めた山菜ゾーンもまだ半分しかできていません。
こちらも春までには終わらせたいのですが、
かなりの重労働なのでどうなることやら・・・
でもサードステージの延長はしません。
来年からは何が何でも本格栽培を開始します。

畑の開墾を始めて10年が経とうとしています。
放置竹林と化してしまっている状態を見た時は、
気の遠くなるような時間がかかるだろうと思ってはいたのですが、
それでも実際問題10年もかかるとは思っていませんでした。
土の状態は竹林以外はまだまだ理想とは程遠いですし、
野菜や果樹もまだまだ思うようには生長してくれません。
でもそういうのって畑をやって行く上での永遠のテーマだとも思うんです。
本当は畑が完成しましたと胸を張って言いたいところだったのですが、
現状からするとそこまでは言い切れません。
それでも次のステージへと進む決断をしました。

と言うことで、自然農法への道、サードステージ終了です。
それでは来年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

サードステージを開始しました

明けましておめでとうございます。
正月休みも終わりましてまた畑での作業を再開しております。
日中は真冬とは思えないほどに暖かいですね。

早いもので畑を始めてから9年が経過しました。
竹林の伐採や土地の開墾をしながら野菜や果樹の栽培をしてきました。
ここ数年は野菜栽培を控えめにして土作りに専念してきました。
そして今年から新たな作業を開始しました。

とりあえず畑の様子です。

畑2016.1.11.JPG

特に変わった様子は無いように見えますかね?
ペットボトルがやたらに見えているくらいでしょうか?
栽培スペースと通路の違いがわかりやすいと思います。

では別の角度から。

野菜栽培ゾーン2016.1.11.JPG

これが野菜ゾーンを縦断して果樹ゾーンへと繋がっている中央通路です。
今取り組んでいるのが栽培スペースと通路とをしっかりと区分けする作業です。
うちの畑は栽培ごとに耕して畝を立てるやり方ではありません。
あらかじめ栽培スペースが決まっている花壇方式を採用しています。
自然農法では耕すことはしませんし基本的に同じ場所で連作して行くやり方です。
なのでこの方が効率的なのです。

今日作業していたのはここです。

通路2016.1.11.JPG

第1根野菜スペースと第2根野菜スペースの間の通路です。
どちらも2m×7mの広さです。
その外周に目印の支柱を立てています。

支柱2016.1.11.JPG

長さはまちまちでして、とりあえずうちにあるものをかき集めました。
これを1m間隔で立てています。
うちの畑では基本的に1m×1mの正方形の範囲を基準にして種蒔きを行います。
大きく育つ野菜ならその範囲の中央に1株だけとか、
中くらいなら4分割してそれぞれの中央に1株ずつの4株とか、
小さいのなら9分割して・・・とまぁこんな感じで種蒔きをします。
私は病的な几帳面なので適当にばら撒いて適当に間引いてなんてことは気持ち悪くてできません。
なのでこの作業も紐を張って丁寧にメジャーで測りながらやりました。
そこまで厳格にやらないと気が済まないんです。

実は今までもそうしていたのですが剪定した枝とかを使っていたので、
時間が経つともろくなってきて少し当たっただけで折れてしまうのです。
なので今回は金属製の支柱をしっかりと差し込みましたのでこれにて確定です。
全部で100本以上立てることになりますので結構時間がかかりそうです。
支柱の先端がむき出しては危ないのではと判断しましてペットボトルを被せました。
鳥除けにもなってくれることを期待しています。

とまぁこんな感じで今年は畑の整備作業に注力します。
野菜栽培ゾーンの通路にはまだ竹の切り株が残っていたりしますし、
山菜ゾーンには廃車にした車の残骸から飛び散ったガラスや金属片が落ちています。
そういうのをすべて片付けて畑を完成させるべく頑張ります。
ということで、自然農法への道、サードステージスタートです!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

セカンドステージを終了しました

今年も残すところあと僅か。
暖冬とは言っても年末年始は例年並の寒さのようですね。
年内に終わらせる予定だった作業を何とか終えましたので、
来年に向けて正月休み明けまで鋭気を養います。

とりあえず畑の様子です。

畑2015.12.30.JPG

今となってはすっかり普通に畑の光景ですが、
最初からこの状態だったわけではありません。
竹林と化してしまった畑を再生させるべく取り掛かったのが2007年の年明けでした。
あれから竹の伐採に土地の開墾をしながら野菜や果樹の栽培をしてきました。
そしてもうすぐ丸9年が経とうとしています。
開墾の作業は6年で終了しまして、
ここ3年は土作りに専念してきました。
土作りそのものは永遠に続くのですが、
これまでやってきた土作りは粘土質の硬い土を砕くためのものでした。
麦を栽培して地中深くまで細かい根っこが張り巡らされてそれなりに砕かれたはずです。
とにかく急ピッチで進めるためにこれでもかと大量に雑草を敷いてきました。
正直なところ、土の出来具合はまだまだだと思います。

でも土作りの効果は確実に出始めています。

白菜2015.12.30.JPG

これは白菜です。
12月に入ってからも少しずつ生長していまして、
やっとこれ1株だけですが白菜っぽい形になってきました。
白菜は肥料が足らないと結球しないそうですね。
無肥料でここまできたのはそれなりに土ができてきているとも言えますし、
他が結球できていないのはまだまだ土ができていないとも言えます。

キャベツはこんな感じです。

キャベツ2015.12.30.JPG

虫や鳥にやられてしまっていますがちゃんと結球しています。
そしてまあまあの大きさだと思います。
キャベツも肥料食いだそうですが、
時間はかかりましたがほとんどの株を結球させることができました。

今年は大根とカブの生長が凄いです。

大根2015.12.30.JPG

カブ2015.12.30.JPG

一番大きい株はどこまで大きくなるのか見てみたくて収穫せずにそのままにしておきました。
12月に入ってからも少しずつ生長を続けていました。
でもこれだけ寒くなってきたらもうこれ以上の生長は望めないと判断しまして収穫しました。

収穫2015.12.30.JPG

大きさがわかるように手袋を添えましたがいかがでしょうか?
大根は直径11cmで長さが45cmでした。
カブは直径15cmでした。
どちらも本来の収穫サイズを大幅に超えています。
11月が暖か過ぎて全国的に大根が大豊作になっていますね。
大きくなり過ぎて規格外になってしまって値が下がって出荷できないんだとか。
家庭菜園なら大きければ大きいほど大歓迎です。
桜島大根もどんどん大きくなってきています。

野菜はだんだんとうまく行くようになってきているのですが、
果樹は相変わらず苦戦しています・・・

果樹2015.12.30.JPG

甘夏と晩白柚がたわわに実っています。
でも他の柑橘はデコポンもオレンジもうまく生長してくれません。
植えてから結果が出るまで何年もかかりますし、
値段が結構するので簡単に植え替えの決断もし辛いですし・・・
果樹に関しては自然農法はあきらめまして普通に農薬も肥料も使っています。
土作りも徹底的にやっているのですがまだまだ効果を実感できません。
果樹は本当に難しいです・・・

現在のところ土作りが完成したと言えるのは竹林だけですね。
果樹ゾーンも野菜ゾーンもまだまだです。
でもこれ以上土作りだけというわけにも行きません。
そろそろ次の段階に進む時が来ました。
と言うことで、自然農法への道、セカンドステージ終了です。
それでは来年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

台風の爪あと

もの凄い台風でしたね。
畑がどうなっているのやら気が気ではありませんでした。
台風が去ってから畑に行ってみると...
とりあえずまぁ畑の様子です。

畑2013.9.17.jpg

一見しただけでは特に何も起きてないように見えるのですが...
草刈りはほぼ完了しております。
あと少しで秋までに初めて畑のすべての草を刈り終えます。
その前にチェックして行きます。

まずは柿の富有です。

富有2013.9.17.jpg

この写真では何も異常はありませんが実は倒れていました。
写真を撮るのを忘れて慌てて立て直しました。
果実はすべて無事でした。
うちの畑の土は粘土質で硬いはずなのですが、
隣の農家の畑に近い場所はなぜか柔らかいんです。
雨で緩んだところに強風では持ち応えられなかったようです。

次は晩白柚です。

晩白柚2013.9.17.jpg

果実がひとつ落ちてしまいました...
残り3つは無事でした。
まだ全然青いのに...

次は梨の愛宕です。

愛宕2013.9.17.jpg

3個だけなっていた果実がすべて落ちてしまいました...
ここまでの苦労がすべて水の泡となった瞬間です。
自然農法をやっている者がこういうことを言うのは何ですが、
自然を呪いたくなりましたよ...

そして最後は竹です。

竹2013.9.17.jpg

竹が1本折れていました。
怪物のごとく頑丈な竹がまともに折れています。
もう何なんでしょうか台風のこの凄まじき猛威は...

ということで無念の収穫となりました。

収穫2013.9.17.jpg

右上のは甘夏です。
甘夏は大量に実がなっているのひとつくらいどうってこと無いのですが、
他のは数が少ないので大惨事です。
梨の一番小さい実を食べてみたのですが硬くて甘みが少なかったです。
やはり収穫期まで木になっていないとダメなんでしょうね。
しばらく置いておいたらもう少しは甘くなるでしょうか?

風除けとかを設置すべきだったのですかね?
でもあれほどの台風だと何をどうしても飛ばされてしまいそうです。
果実が大きいだけに落ちなかったら枝が折れていたかもしれません。
実が落ちて木が守られたということで無理矢理納得しておきます。
でもやっぱり悔しい!!!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする