2017年11月06日

富有を収穫しました

先月は老木の柿から収穫したのを記事にしましたが、
今回は私が植えた柿からの収穫です。

とりあえず、富有の様子です。

富有2017.11.3.jpg

いい感じに色づいてきました。
富有は11月上旬から中旬が収穫時期です。
鳥避けにネットを被せてあります。
木が小さいままなんですが実は大量になりました。
今なっている実の倍くらい摘果したはずです。
それでもこの大きさからするとまだ残し過ぎでしょうか?
いまだに摘果は苦手です・・・

いい感じの実がなりました。

富有実2017.11.3.jpg

食欲をそそられるいい色ですねぇ。

もう葉っぱがほとんど落ちています。
でもまだこんな感じの実も残っています。

富有青い2017.11.3.jpg

少し青みが残っている感じですね。
もう少しこのまま置いておきたい感じです。

ネットが被せてあるのにこんなことにも・・・

富有鳥食い2017.11.3.jpg

カラスは警戒して来ないんですが、
他の小さい鳥は知能が低い分、警戒心も弱いので構わず突撃してきます。
まぁ少々の被害は想定の範囲内なので気にしません。

ということで収穫しました。

富有収穫2017.11.3.jpg

今回はとりあえずこれだけにしました。
当初は全部収穫してしまうつもりだったのですが、
まだ少し硬そうなのは残しました。
柿は色が目立つので毛無し猿に狙われやすいんですが、
樹上で完熟させなければ自家栽培している意味が無いので・・・
リスクはありますがこればかりは致し方ありません。

食べてみたのですが店に売っているのと比べると甘さは落ちますね。
肥料は与えてはいるもののそれほど大量にではありませんし・・・
でもまぁ自然な甘さと言いますかさっぱりした甘さで私にはちょうどいいくらいです。
でもうちの家族にはイマイチ物足らない甘さのようです。
来年は施肥量や種類を増やしてみる予定です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:41| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

西村早生?を収穫しました

うちの畑には柿が3株あります。
その内1株は私がネットで購入して植えたのですが、
残りは私が畑の開墾を始めるずっと前から植えてあったものです。
もしかすると私の年齢よりもずっと上の可能性もあります。
おそらく樹齢40〜50年くらいではないかと思われます。
放置してあったので大木になってしまっていて、
実はなるのですがほとんどヘタムシにやられてしまって落ちてしまう有様でした。
それをバッサリと剪定して試行錯誤してきたのですが、
一向にまともに収穫できませんでした。
もう完全に伐採して新たに苗を買ってきて植えるつもりだったのですが、
そこまで手が回らないまま春になって新芽が次々に出てきました。

ということで前置きが凄まじく長くなりましたが、
とりあえず柿の様子です。

柿2017.10.5.jpg

冬の時点ではそれぞれ5・6本くらいしか枝は無かったんですが、
春に出た新芽が夏の間にグングン伸びましてまたもや大木になろうとしています。
凄まじい生命力です。
ここまでは毎年のことなんですが今年はひと味違います。
今年は数は少ないものの実が残りました。

西村早生2017.10.5.jpg

結構大きいのも混ざっています。
毎年実はなるものの生理落下やヘタムシにやられたりで、
結局収穫時期にはほとんど実が残っていなかったんです。
今年も結構落ちたもののそこそこ残りました。

ということで収穫しました。

柿収穫2017.10.5.jpg

左の木が7個で右の木が3個でした。
虫に齧られたのがかなり熟してしまっています。
皮が剥けないくらいドロドロなんですが甘味は強いです。
大した数じゃありませんがこれまでで一番多いです。

ちなみに私が植えた富有はこんな感じです。

富有2017.10.5.jpg

まだほんのり色づき始めた状態です。
富有は11月が収穫時なのでまだあとひと月かかります。
30個以上はあるかと思います。
例年以上に摘果したつもりでしたがまだまだもっと減らすべきでしょうか?
大きいのも混ざってはいますが全体的には小さいのが多いです。

完全伐採を決意していたんですが、
これでは撤回せざるを得ませんかねぇ・・・
やはりキチンと手入れすればそれなりに実はなるようです。
早速食べてみたんですが甘さは弱いですね。
それに不完全甘柿なので渋いのも混ざっていました。
当たりか外れか食べてみるまでわからないロシアンルーレットのような柿です。
それとこの柿が西村早生かどうかは本当はわかりません。
昔のことなのでうちの親が品種を覚えていないからです。
でも色づいてくる時期や実の中にゴマと呼ばれる黒いスジが入るなどの特徴から、
おそらく西村早生で間違いないとは思います。
せっかく樹勢が強いわけですし、
来年に大収穫を目指して冬の間にしっかりと手入れをしてみます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 01:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

柿を収穫しました

秋がほとんど味わえないままに冬になりつつありますねぇ。
このところ残業続きで寝るのが遅くなってしまいまして、
そうなると起きるのも遅くなってしまいまして作業時間がなかなか取れません・・・

そんな中、柿の実が色づいてきました。
とりあえず柿の様子です。

柿2016.11.12.JPG

夕方なので暗くて見辛いですね・・・
カメラが壊れてしまって古いデジカメを使っているので性能が低いんです。
早く新しいのを買わねば・・・
樹齢40年以上の老木の柿はまた結局実がなりませんでした。
別の品種を接ぎ木すればとコメントもいただきましたが、
そのためにはその苗を買わなければならないわけで、
それを植えればいいだけのような気もします。
それに樹勢が強過ぎてすぐに大木になってしまうのも扱い辛いです。
なので当初の予定通り伐採して新しい苗を植え直すことにします。

ということで私が植えた富有です。

富有2016.11.12.JPG

今年は実がならなかっただけでなく生長も鈍かったです。
果実に栄養を使わなかった分、木が大きくなることを期待していたのですが、
昨年とほとんど大差ないと思います・・・

今年は1個しか実がなりませんでした。

富有実2016.11.12.JPG

写真だといい色してるんですがまだ少し固いです。
本当は樹上で完熟させたいのですが、
鳥やら泥棒やらを警戒していると気が休まらなくて精神衛生に良く無いので、
収穫してしまうことにしました。
でもまぁ富有の収穫期は11月上旬から中旬なので適期ではあります。

ということで収穫しました。

富有収穫2016.11.12.JPG

手のひらサイズです。
1個だけだったのでどんな大きな実になるかと楽しみにしていたのですが、
実をならせ過ぎてしまった昨年と大差ありませんでした・・・
店で売っている柿の半分程度の大きさです。
木が小さいと実も小さくなるんですかね?

毎年毎年実が多くても少なくてもうまく行きませんねぇ・・・
隔年結果にならないようにキチンと摘蕾摘果をしなければなりませんね。
土作りもまだまだなんでしょう。
とにかく頑張ります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

柿の剪定をしました

そろそろ果樹の剪定の時期になりました。
この作業は結構苦手でしてなかなかうまくなりません。
でも不可欠なのでやらないわけにもいきません。
果樹は野菜のように放置ではうまく行かないんです。

とりあえず、果樹ゾーンの様子です。

果樹ゾーン2016.2.8.JPG

全部で16本あります。
これだけあると世話が結構大変なんですよね。
でもまだ増やそうとか思ってたりして・・・

では柿の様子です。

柿2016.2.8.JPG

樹齢40年以上の老木の柿です。
長年放置してあったので大木になってしまい、
主幹を年々短くしていきまして現在50cmの状態です。
春になると新芽が次々に出てきて枝が伸びていくんですが、
どれも徒長枝ばかりでほとんど実がなりません。
何度試行錯誤してもダメだったのでやっと諦めがつきました。
2本とも完全に伐採することにしました。
そして新たに柿の苗を1本植える予定だったのですが・・・

柿2016.2.9.JPG

昨年同様に徒長枝を剪定しただけでした。
どの品種を植えるかはもう決めてるんですけど、
どの店で買うかが決めきれずにこの時期まで来てしまいました。
今から注文しても売れ残りをあてがわれそうなので来年にします。

そしてもう1本の老木の柿です。

柿老木2016.2.9.JPG

これは竹林の中で生き延びた柿でして昨年の秋に初めて実がなりました。
でもその実が渋が残っていて不味いの何の・・・
元々この木はすぐに伐採するつもりで両脇に梨を植えました。
梨の木が大きくなってきてこのままでは邪魔なのでついに切ることにしました。

柿老木伐採2016.2.9.JPG

地面スレスレでバッサリと切りました。
柿の木はかなり密度が高いのか切るのが大変でして日が暮れてしまいました。
翌々日に肩が痛くなって困りました。

そして最後に私が植えた富有の様子です。

富有2016.2.10.JPG

いまだに全然木が小さいままです。
毎年実をならせ過ぎているのがダメなんでしょうか?
でもこのくらいコンパクトな高さでそこそこの数を収穫できたら、
その方が管理もしやすくていいのかもという気もしています。

ということで剪定しました。

富有剪定2016.2.10.JPG

毎年やってるんですけどいつまで経ってもうまくなりませんねぇ・・・
ネットでいろいろ調べたりしてるんですけどイマイチ要領がつかめません。
試行錯誤しながら体で覚えるのが私のスタイルなので、
今後も精進を続けます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:48| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

柿の収穫をせざるを得ませんでした・・・

とうとう寒くなり始めましたね。
冬が近づいてきています。
そんな中、柿を早取りすることにしました。
とりあえず柿の様子です。

富有2015.10.31.JPG

7年前に植えた富有です。
まだ全然木が小さいです。
こんなに大量に実をならせてしまったらまた余計に生長が遅くなるかもしれませんね。
葉っぱがほとんど落ちてしまっています。

果実はこんな感じです。

富有果実2015.10.31.JPG

いい色していますけれどもまだ少し青みが残っている感じなんです。
樹上で完熟するまでもう少しこのままにしておきたいところなのですが・・・

富有は11月上旬から中旬が収穫時期でしてこの日は10月31日でした。
翌日の1日に色の濃いのを2・3個試しに収穫してみるつもりでいました。
ところがこの日に柿の様子を見に行ってみたら、
地面スレスレくらいになっていた実がいくつか無くなっているんです。
鳥や獣だったらその場に食べ残しがあるはずなのですが無いんです。
となると泥棒の仕業を疑わざるを得ません。
5年前に6個だけなっていた実を全部盗まれてしまったこともありますので、
異変を察知した以上はすぐに対応することにしました。

ということで無念の収穫をしました。

富有収穫2015.10.31.JPG

明らかにまだ青いのもありますよね。
これだけ大量に実がなっていた割には結構大きい実が多かったです。
家に帰ってから数えてみたら全部で49個ありました。
ここまでにいくつか早熟してしまったり鳥か獣に食べられてしまったり、
泥棒に盗まれてしまった分を考慮すると60個くらいなっていたことになりますね。
やはりまだ小さくて低い木にならせ過ぎですね。
でもこのままの木の大きさでも毎年コンスタントにこのくらい収穫できるなら、
このままの大きさ方が管理はしやすいです。

今回は全部盗まれるのは防ぐことができましたが、
まだ完熟する前に収穫するのは本位ではありません。
そういう意味では腹の虫が収まらないのは今回も同じです。
私はもう泥棒を人間扱いする気はさらさらありません。
その現場に出くわしたら醜きヒトモドキを駆除してやります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする