2017年08月07日

ネクタリンを収穫しました

桃の収穫が終わってから1週間ほど経ちまして、
そろそろネクタリンかなということで収穫しました。
とりあえず、ネクタリンの様子です。

ネクタリン2017.8.2.jpg

こちらもまた大木になろうとしています。
冬にバッサリと選定しても春から夏にかけてグングンと枝が伸びます。
キチンと摘蕾して摘果して袋掛けもして万全の体制でここまできたつもりでしたが、
現実はそう甘くないようでして・・・

袋の上からはいい感じで実が大きくなっているように見えます。

ネクタリン実2017.8.2.jpg

ネクタリンの方はこれまで使っていた隙間の無いタイプの袋を使いました。
ネクタリンは毛が無いので虫にやられやすいからです。
でも袋から出してみると・・・

ネクタリン実腐り2017.8.2.jpg

痛んで腐ってきていてカビも生えていました。
これはどうやら完熟していたのにそのままになっていたので腐ってしまったようです。
袋の上からは熟し具合がわかり辛いので判断が難しいんです・・・
そして袋をカナブンが破って食い荒らしているのもありました。
こんな感じの大きな実が5・6個もありました。
なんともったいない・・・

ということで収穫しました。

ネクタリン収穫2017.8.2.jpg

しっかりと赤いのは1個だけで他はまだ青いです。
そしてほとんどが虫に齧られていて無傷なのは極僅かです。
青いのはそのままにしておこうか迷ったのですが、
忙しくてこまめに様子を見ていられないですし、
そうなるといつまた虫にやられるかわからないので収穫せざるを得ませんでした・・・
しばらく追熟してから食べるしかありません。
匂いはいい感じなのでちゃんと食べれる味になることを期待しています。

例年のことを思えば収穫数はこれまでで一番多いです。
でも樹上完熟で収穫できなければ自分で栽培している意味が無いですしね・・・
ネットでもネクタリンがうまくいかないというのをよく目にします。
実がまだなりかけで小さい時にナメクジに齧られてしまうという、
うちと全く同じ状況です。
桃のように毛が無いのでどうしようもないんですよね・・・
今年はかなり早めに袋掛けをしましたがそれでもある程度はやられました。
袋の中で生理落下してしまうこともかなりありました。
30個くらい袋掛けをしましたが実が大きくなったのは半分くらいだと思います。

毎日朝から日暮れまで畑にいられればどうにかできるとは思いますが、
そんな身分になれるのはまだまだずっと先ですので、
やはりこまめに状態をチェックするしかないでしょうね。
畑が完成すればもう少し余裕が出てくると思うので、
冬の間にどれだけ作業を進められるかにかかってくると思います。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

桃の収穫をしました

ここ数年は毎年たくさんのいい感じの実がなって順調そのものの桃なんですが、
それと同時にせっかくなった実を台無しにされてしまっていました。
一昨年は鳥に突かれまくり、昨年はタヌキに齧られまくり・・・
鳥から防御しようと上に網を張ったら今度は下からタヌキに・・・
こういうのをイタチごっこと言うのでしょうね。
さぁ今年はどうなったのでしょうか?

とりあえず、桃の様子です。

桃2017.7.20.jpg

枝がグングン伸びていましてまた大木になろうとしています。
冬にバッサリと剪定したのですがねぇ・・・
ただまぁ強剪定するとかえって木ばかりが伸びて実がならなくなると聞いたことがあります。
でもうちの桃は実も大量になるんですよ。
木の高い部分には実がなっていないので、
真ん中くらいから地面までを覆うようにネットを張りました。
これによって鳥とタヌキからは防御できたようです。

今年もいい感じの実がなりました。

白鳳2017.7.20.jpg

今年は例年とは違う袋を掛けました。
これまでは底に隙間の無いタイプの袋だったのですが、
今回のは桃が袋に収まらないくらいに大きくなると底が自然と開きます。
この袋は枝に取り付けやすいように切れ込みも入っている優れものです。
でもそれが弱点でもありまして・・・

こんな状態になってしまった実もいくつもありました・・

桃被害2017.7.20.jpg

これは鳥に突かれたのではなさそうです。
今回は虫にやられました・・・
完熟した実にカナブンがたかっていました。
袋が隙間だらけなので容易に虫が入り込めます。
ツルツルの紙なのであれなら鳥が突いても虫が噛んでも滑ってしまうと思うのですが、
底が開いて丸出しになってしまうと無防備この上ないですからね・・・

すべて同時に完熟してくれると収穫しやすいのですが、
タイミングがまちまちなんですよ・・・

桃青実2017.7.20.jpg

まだ全然青い実も残っています。
これはさすがに収穫できませんのでそのままにしておきました。
一度に大量に完熟すると食べるのが大変ですが、
完熟したものから徐々に収穫して食べる方が自家消費には都合がいいですよね。
でもこの完熟のタイミングを見極めるのが難しいんです。
長年やっているのにいまだにこれでは情けないですね・・・

ということで収穫しました。

桃収穫2017.7.20.jpg

大きさはまちまちですね。
手前のいくつかは大きさといい色といい完璧ですよね。
奥の3つは虫にやられて半分腐っていますが例年に比べると被害は少なかったです。
ただ数が少ないと思いませんか?
じつはもう何度も収穫と言いますか落ちた実を拾って食べているんです。
雨が降ったり強風が吹いたりすると結構落ちるんです。
大きくなった実はしっかりと甘くてとてもおいしかったです。
小さいのも若干味が薄いもののほんのりとした甘さでおいしかったです。

摘蕾や摘果をもっとしっかりとすべきだったようです。
収穫数を減らしてでもすべての実が大きくなるようにすべきですね。
自分では毎回きっちりとやっているつもりでもまだ足らないようです。
でもあまりに大量に摘んでしまうのはどうにも不安なんですよ。
その不安に打ち勝てるかどうかがさらなるレベルアップへのハードルのようですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

桃とネクタリンの摘果を開始しました

今年はもう果樹にかかりっきりになってしまっています。
まぁ野菜の方は今年は雑草まみれで栽培するつもりなのである程度は放置でもいいのですが、
他にもやることは山積みなのに手が付けれないので焦っています・・・
でも今月中には果樹の作業をひと段落させれそうなので来月からやっと次に進めそうです。

そんな中、桃の花が落ちまして実がなりました。
まずは桃の様子です。

桃2017.5.26.jpg

昨年に実の重みから枝が折れてしまったのですが、
春になったら新しい枝がどんどん伸びてきました。
かつては実のならせ過ぎで枯れそうになったこともありましたが、
いつの間にやら強健な株になりました。

そして実もなっています。

桃幼実2017.5.26.jpg

たくさんなっていますが昨年ほどではないですね。
でも木が小さいので2・30個もあれば十分です。
混み合っているところを最終的に1つに減らすのですが、
桃は毛があるので虫がつきにくいんです。
なのでこっちは後回しにして先にネクタリンから始めることにしました。

ということでネクタリンの様子です。

ネクタリン2017.5.26.jpg

冬にかなり剪定したんですがそれでもまだまだ木が大きいですね。
大木にしてしまってから段階的に切ってきましたが、
来年には理想としている大きさにできると思います。

実もたくさんなりました。

ネクタリン幼実2017.5.26.jpg

こまめに摘蕾しましたのでちょうどいいくらいの数だと思います。
ここからさらに摘果するのですが中にはこんな状態のもありまして・・・

ネクタリン虫食い2017.5.26.jpg

毎年のごとく虫に齧られてしまいました・・・
毎年袋掛けをする前にやられてしまうのでたまりません・・・
どうやら犯人はナメクジのようです。
毛が無いので齧られまくりです。
来年は花が咲いたら即対策を施します。

ネクタリンに関してはこの日に摘果と袋掛けを済ませました。
齧られた実と無事な実が半々で30個くらいでしょうか。
今年はちゃんとおいしい実が少しでも多く収穫できることを願っています。
桃も今月中には済ませる予定です。
さぁ次は野菜ですよ!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

ネクタリンの収穫をしました

毎年毎年まともに収穫できたことが無かったネクタリン。
今年は例年に無くそこそこ結実してしっかりと袋掛けもしました。
さて、どうなったかと言いますと・・・

とりあえず、ネクタリンの様子です。

ネクタリン2016.8.6.JPG

冬にかなり大胆に剪定したつもりだったのですが生長が速いですね。
葉っぱが全部落ちているとこのわさわさの状態を想像できないので、
どうしてもまだまだ剪定が手ぬるいんでしょうね。

一番良さそうな実はこんな感じです。

ネクタリン果実2016.8.6.JPG

いい感じに色づきました。
桃と同じ大きさなんですね。
もっと小さいのかと思っていました・・・
やはりこれまでの果実はまともな状態じゃなかったということですね・・・

袋掛けをしてあっても虫が侵入するのか枝に当たって傷が付くのか、
痛んでしまったのも結構ありました。

ネクタリン樹液2016.8.6.JPG

袋を外して色を確認している時に落ちてしまったのですがまだ青いですね。
そして樹液のようなのが付いているんです。
ネクタリンというのは木からも結構樹液が出るんですが実からも出るんです。
傷を樹液でふさいで痛まないようにしているんでしょうか?
とは言ってもそれも限界があるようでどんどん痛んでいきます・・・

ということで収穫しました。

ネクタリン収穫2016.8.6.JPG

ほとんど収穫するつもりだったのですが大半はまだ青い状態でして結局4つだけ収穫しました。
そして下2つは半分腐っていました。
傷んだ部分を取り除いて食べてみましたが、
それなりにネクタリンっぽい味はするもののイマイチでした・・・
一番大きくて赤い実は私ではなくて家族が食べましたがかなりおいしかったそうです。

僅か1つだけであったとしてもついに初めてまともな果実の収穫に成功しました。
7・8年も栽培していて年に一歩ずつだけですが着実に進歩してきました。
しっかりと剪定してしっかりと摘蕾してしっかりと摘果してしっかりと施肥する。
しっかりと手間をかけてこそなんですね。
植えておけば勝手に育って勝手に実がなるわけでは少なくともネクタリンは無いようです。
袋掛けももっともっと丁寧にしっかりと隙間無くやらなければなりませんね。
果樹に関しては私のデタラメ自然農法が通用するほど甘くは無いようです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

桃の枝が折れました・・・

今年は肥料を大量に与えたのが効いたのか桃に大量に実がなりました。
100個くらいなっていたのを半分くらいに減らしたつもりだったのですが、
袋掛けをしていったら実際は70〜80個くらいは残してしまったようでして・・・
途中で袋が足りなくなってしまいました。
それでも順調にほとんどの実が大きくなってきていたのですが・・・

とりあえず、桃の様子です。

桃2016.7.11.JPG

木がだいぶ大きく高くなってきました。
大量に実がなっているのにこんなに伸びるとはやはり肥料の影響でしょうか?
右に竹の棒が立ててあるのがわかりますでしょうか?
なぜこうしてあるのかと言いますと・・・

白鳳2016.7.11.JPG

枝が折れてしまったので支え棒にしているんです。
実の重さに耐えられなかったようです。
冬に剪定した時点でかなり痛んできていたのは把握していました。
何とか今年中はもってくれと思っていたのですが・・・

桃枝折れ2016.7.11.JPG

完全に折れ切ってはいません。
まだ何とか繋がってはいます。
なので7月下旬の収穫時期までこのままにしておくことにしました。

でも木が揺れたりするとどんどん実が落ちてしまうんです。
なのでいくつかは収穫せざるを得ませんでした。

桃収穫2016.7.11.JPG

かなりいい色になっているのもありますが触っている感じではまだまだ硬いです。
でも皮を向いて食べてみると普通に食べれるくらいに柔らかかったです。
ちゃんと桃の味はしていておいしいのですが甘さ控えめな感じでした。

毎年カラスにやられているので今年は対策を施しました。

桃ネット2016.7.11.JPG

ネットを掛けてみました。
これで万全を期したつもりだったのですが・・・

翌日に行ってみたら実が2・30個落ちていました。
雨と強風の影響のようでした。
落ちていた桃の一部が何ものかに食べられていました。
そしてさらに翌日に行ってみると実が落ちまくってメチャクチャに・・・
この日は風も強くないしネットはかけてあるしで一体どうなっているのやら?と思ったのですが、
よく見てみると実が明らかに獣系の何かに齧られているんです。
そして獣系の糞がしてありました。
木があまり大きく無いので実がなっている位置もあまり高くありません。
さらに実の重さで枝が垂れ下がっています。
低い位置になっていた実がやられまくっていました・・・
おそらくタヌキとか何かの獣の仕業だと思われます。
カラス対策に上にネットを張ったとたんに下から獣にやられるなんて・・・
もう本当に怒りと無念さとが入り混じってやり切れませんでした・・・
獣の食べ残しの桃を傷んでいる部分を避けながら食べるしかないとか・・・

昨年はカラスにやられて今年は獣にやられて・・・
うちの畑の周囲は敵だらけです。
もう既に駆除するしか無いと腹をくくっているんですが、
今年は畑の整備に注力しているのでそこまで手が回りませんでした。
でもいずれ必ずこの落とし前はつけてやります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする