2013年05月20日

桃の様子

いやはや、雑草というのは凄まじいです。
刈っても刈っても次から次へと...
除草剤なんてものが存在している理由がよくわかりますわ。
今年は土作り専念なのでひたすら一心不乱に草を刈り続けます。

そんな中、桃に実がなりました。
それではまずは大玉白鳳の様子です。

桃2013.5.17.jpg

植えてからもう4年も経っているのにいまだに1m程度の高さしかありません。
一昨年に1ダースも実を大きくしてしまった翌年の昨年は花が咲かずに枯れかけました。
そこから何とか復活してきてまたたくさん実がなりました。

桃鈴なり2013.5.17.jpg

30個くらいあります。
当然摘果せねばなりません
本当は花が咲く前の蕾の段階で摘むんだそうですね。
私はこれがいまだに苦手でして...
木を生長させるためには致し方ないので摘んでいきました。

桃果実2013.5.17.jpg

でもひとつくらいは...と私の頭の中で悪魔の囁きが...
この写真の実だけ残してしまいました。
やめといた方がいいのかなぁ...

次はネクタリンです。

ネクタリン2013.5.17.jpg

こちらは3mくらいはあります。
大玉白鳳よりも1年以上あとに植えているのですがすぐに追い抜いてしまいました。
私が植えた果樹の中で最も生育が旺盛です。
でも実はそんなに多くなりません

ネクタリン鈴なり2013.5.17.jpg

10数個といったところです。
こんなに大きな木なのに実がなっているのはこの写真に写っている部分だけなんです。
もう少しバランスよく全体になってくれればいいのですが...

ネクタリン果実2013.5.17.jpg

ネクタリンの実は毛がありません。
昨年は3個ほど実が確認できましたが結局収穫までは至りませんでした。
摘果した方がいいのかもしれませんが、
木の大きさからすればこのくらいなら行けるのではないかと思っていたりしています。

自然農法を標榜しておきながら果樹に関しては農薬も肥料も使っています。
雑木のように荒地でもどんどん大きくなっていくような生命力は果樹にはありません。
でもいずれは果樹も無農薬無肥料で栽培するのが理想ではあります。
そのためには土作りを進めていく以外に道はありません。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:06| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

桃の花が咲きました

まだ近所の桜は満開までは行っていませんが、
うちの畑の桃には花が咲きました。
まずはネクタリンの様子です。

ネクタリン2013.3.30.jpg

今ちょうど満開になっております。
昨年よりも10日以上早い開花です。
年明けくらいに剪定したので枝が減って多少はスッキリしております。

きれいなピンク色です。

ネクタリン花2013.3.30.jpg

昨年よりも花びらの色が濃いように感じます。
昨年は実はいくつかなったものの熟す前にほとんど落ちてしまって結局収穫まで至りませんでした、
剪定もしましたし肥料も仕込んでおいたので今年こそは完熟実を食べてみたいです。

そして次は大玉白鳳です。

白鳳2013.3.30.jpg

こちらは昨年は花が咲きませんでした。
蕾は出てきたもののすべて枯れてしまって枝の色もくすんでしまって、
木そのものが枯れてしまったと思っていました。
夏になってから葉っぱが僅かですが出てきてホッと胸をなでおろしました。
でも枝の半分以上が枯れてしまっていて、
剪定したら僅かしか枝が残りませんでした。

でも何とか蕾が出てきました。

白鳳蕾2013.3.30.jpg

昨年はもっと蕾が小さい段階で枯れてしまったので、
ここまでハッキリとピンク色が出てきていれば咲いてくれると思います。
とは言えとにかくもっと木を大きくしないとどうしようもないので、
今年も収穫はあきらめて実はすべて摘果して木を生長させることに専念します。
いやでも1個くらいは...
う〜ん...どうしたものか...

竹林の周囲の地下茎の掘り出しが完了しました。
相変わらず恐るべき相手でした。
今は毎日ひたすら草刈りをしています。
このまま年内いっぱいは草刈り中心の作業となります。
野菜栽培を1年棒に振っての土作り専念。
何が何でも成果を出さねば。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

ネクタリンに花が咲きました

まだ寒いですけど桜が満開になってますね。
そしてうちの畑も春らしくなってきました。

それではこれがネクタリンの様子です。

ネクタリン2012.4.4.jpg

たくさん花が咲きました。
これを撮影したのは4日でして今はもっと満開になっています。

ネクタリン花2012.4.4.jpg

見事な桃色ですねぇ。
ミツバチが1匹花の中に潜り込んでいました。
そのシーンを撮影しようとしたんですが、
シャッターを押す直前に飛んでいってしまいました。

今年で3年目なのでそろそろ初収穫があるでしょうか?
これだけ大量に花が咲いていると果実もたくさんつきそうですね。
今年は大玉白鳳の方は全く花が咲いていません。
やはり昨年に果実をならせ過ぎたからだと思います。
自業自得の隔年結果です。
たっぷりと肥料を与えたのでもっと木を大きくしたいですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 03:17| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

桃を収穫しました

先月末に桃の果実に袋かけをしたときは12個ありました。
その後いつの間にか2つが袋の中に落ちていました。
片方は腐ってしまってグジュグジュになっていました。
もう片方は半分だけ腐っていたので持ち帰って傷んでない部分を食べました。
これがかなりおいしかったんです。
そして台風の影響で4つ袋ごと地面に落ちてしまってました。
これも持ち帰って傷んでない部分を食べました。
これがもの凄くおいしかったんです。
絶品でした。
今日、畑で草刈りをしている時にふと桃を見てみると1つ袋の中に落ちていました。
よく見てみるとどれも結構色づいているように見えるので収穫することにしました。
それではこれが桃の様子です。

桃2011.7.22.jpg

5つ木についたままで」1つ下に置いてあるのがわかりますでしょうか?
台風の威力で木が傾いてしまったので支柱を増やしてしっかりと固定し直しました。
袋を破いてみました。

桃果実2011.7.22.jpg

いい色してますねぇ。
しっかりと成熟していていい香りがしています。
ただ大きさとしては小さいですね。
大玉白鳳という品種なのでもっと大きな実がなるはずなんです。
まだまだ木が小さいですし、
その小さい木に実を残し過ぎましたし、
当然の結果かもしれません。
ということで収穫しました。

桃収穫2011.7.22.jpg

全部で6個の収穫となりました。
初収穫としてはまずまずではないでしょうか?
でも今年実をならし過ぎたので来年の収穫は厳しいかもしれませんね...
それと収穫のタイミングがうまく計れませんでした。
もっと早くてもよかったのだろうか...
ふと地面に目をやると摘果して地面に撒いておいた桃の実をカブトムシとカナブンが食べにきていました。

カブトムシ&カナブン201.7.22.jpg

木になっている桃は食べないでくれてよかった...

夕食のデザートとして早速食べてみました。
甘くてとてもおいしかったです。
でも落下して腐りかけの桃の方がさらにおいしかったような...
まぁそんなこんなで夏の味覚を満喫できました。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

桃の摘果と袋かけをしました

凄まじい暑さですねぇ。
夏の間も開墾を進めるつもりだったのですが、
この気温ではとても無理です...

そんな中、桃がヤバイ状態になってきました。
それではこれが今日の桃の様子です。

桃2011.6.29.jpg

実がさらに大きくなってしまって、
その重さで木が左に傾いてしまいました。
それに実の色が桃っぽくなってきています。

桃果実2011.6.29.jpg

何だかこげ茶色の染みのようなものが現れてきています。
このままではマズイかもしれないので摘果することにしました。

桃密集2011.6.29.jpg

自然落下に任せてきたので枝には鈴なりに実がついたままなんです。
それにどれを摘果すべきなのかよくわかりません。
ネットで調べた限りではいかにも形の整った桃っぽい実を摘果するんだそうです。
とは言ってもなかなか決断が難しいのです。
せっかくなっている実を熟す前にとってしまうのはとても辛いのです。
染みが多く出ているものや窮屈な場所になっている実を摘果していきました。

桃摘果2011.6.29.jpg

大梅とプラムの間くらいの大きさの実を数十個摘果しました。
こんなに大きくなるまで放置しておいたら駄目ですよね。
木にかなり負担をかけていたかもしれません。
そして袋かけをすることにしました。
ホームセンターでこれを買ってきました。

桃袋2011.6.29.jpg

よくわからないんですけど桃と書いてあるのでこれでいいのだと思います。
ひとつひとつに被せていきました。

桃袋かけ2011.6.29.jpg

全部で12個残しました。
まだ細くて小さい株なのに多過ぎだと思います。
でもどうしてもここまでしか摘果できませんでした。
12桃追う者は1桃も得ず...なんてことになりかねませんが、
失敗も貴重な経験と割り切っていますのでこのまま強行します。

ぼやぼやしている間にいつもタイミングが遅れてしまうんですよね...
おそらくどれだけ経験を積んでも間引きと摘果はずっと苦手なままでしょうね...

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする