2017年12月31日

みかんの様子

今年最後の畑の作業に行ってきました。
大晦日と三が日は休むことにします。
とりあえず、柑橘の様子です。

柑橘2017.12.30.jpg

落葉樹は葉っぱが全て落ちまして常緑樹の柑橘だけ青々としています。
なので実がなっているのが遠目にもわかりますね。
泥棒に狙われないか気がかりですが柑橘はこれまで盗まれたことはありません。

まずはデコポンです。

デコポン2017.12.30.jpg

奥にもう1本あるんですが今年は実がなりませんでした。
手前のは8個なっています。
当初は10個なっていたのですが台風で2個落ちてしまいました。
大きさがまちまちですが結構大きいのもあります。
それより何より木がだいぶ大きくなってきたのがうれしいです。

次は晩白柚です。

晩白柚2017.12.30.jpg

こちらは例年通りたくさん実がなりました。
十数個はなっていると思います。
台風で6・7個も落ちたのですが全然余裕ですね。
実が大きいので枝が垂れ下がって苦しそうです。

次はタロッコです。

タロッコ2017.12.30.jpg

これはいわゆるブラッドオレンジです。
植えてから5年で初めて実がなりました。
隣にもう1本モロという品種のブラッドオレンジも植えてあるのですが、
こちらは今年も実がなるどころか花も咲きませんでした。
でもまぁ大いなる一歩ではあります。

最後に甘夏です。

甘夏2017.12.30.jpg

こちらも例年通りに大量に実がなりました。
摘果するつもりだったのですが手が回らずに実をならせ過ぎました。
何十個あるのか数えるのが面倒でよくわかりません。
甘夏はもうそろそろ収穫してもいい頃ですが、
やはり果樹は樹上で完熟させてこそなので、
自然に落ちてきた実から食べていこうと思っています。

今年はファイナルステージと銘打って本格栽培を開始したのですが、
うまく行ったり行かなかったりでこれまでとあまり変わり映えしませんねぇ・・・
特にうちの畑では鬼門だった葉野菜が今年も全然ダメでした・・・
あえて安全策を取って庭で育苗したのが失敗でした。
やはり自然農法を謳っているからにはタネは直蒔きすべきですよね。
来年は初心に帰ってあくまで自然農法をやり切ろうと思います。
ということで来年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:34| Comment(2) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

甘夏の収穫をしました

お久しぶりです。
前回記事からひと月以上あいてしまいました。
ほとんど毎日畑には行っておりましてネタが無いわけではないのですが、
畑での作業の忙しさと仕事の忙しさが相まって文章を入力する気力が・・・
3月からずっと果樹への施肥の作業をしているのですがいまだに終わりません・・・
本数が結構あるというのもあるんですが、
丁寧に細かくいろんなことをやり過ぎてしまうんですよね・・・

そんな中、甘夏がこんなことに・・・

甘夏2017.4.3.jpg

ここしばらくの雨や強風で実が結構落ちてしまいました。
実が青いうちは落ちたりしませんのでそろそろ自然な収穫時ということなんでしょう。
ちなみにうちの地方ではだいたい年末くらいに収穫して追熟して3月くらいに出荷が始まります。
実が寒波に当たると味が落ちるということだそうなのですが、
マイナスの気温になることはそんなにありませんし、
うちでは樹上で完熟させてから収穫しています。

今回もたくさん実がなりました。

甘夏果実2017.4.3.jpg

木が大きいとはいえハッキリ言ってならせ過ぎですね。
高くて手が届かないということもありますし、
他の作業が忙しくて摘果まで手が回りませんでした。

ということで全て収穫しました。

甘夏収穫2017.4.3.jpg

約140個あります。
これまでに10個以上は落ちていて既に収穫していますので、
実際は150個以上はなっていたことになります。
なので実が全体的に小ぶりですね。
毎年こんな状態です。
大きかろうが小さかろうが味は大差無いとは思います。
でもキチンと摘果して数を減らせば、
実が大きくなると同時に味のレベルも上がるのではないかと考えています。
私は正直甘夏があまり好きではありません。
みかんにしては甘味が弱いからです。
2月に収穫したデコポンを追熟後に食べましたがもの凄くおいしかったです。
そこまでとは言いませんがもう少しおいしくしたいと考えています。

ということで剪定をしました。

甘夏剪定後2017.4.3.jpg

最初の写真と比べて上の方の枝がバッサリと無くなりました。
毎年少しずつ高い枝を減らしてきました。
これでやっと何とか私の身長なら手が届く高さになりました。
次からはもっと実の数を減らしてそれでクオリティが上がるのか試してみます。

4月に入りましてもうすぐタケノコの時期ですし野菜の種蒔きもあります。
ひと息つくどころかますます忙しくなります。
仕事の方も今年はかなり手強そうでして・・・
なかなか作業が捗りませんが体はひとつしかないのでボチボチやっていくしかありません。
でも今年は何が何でも本格栽培を開始します!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

デコポンを収穫しました

晩白柚を収穫した1週間後に次はデコポンを収穫しました。
とりあえずデコポンの様子です。

デコポン20172.11.JPG

木の大きさがかなり違いますが2株並んでいるのがわかりますでしょうか?
それぞれの株の右側に設置してあるのは竹の枝でして風除けにしています。
そして白い袋がかかっているのもわかりますでしょうか?
デコポンに関しては袋掛けをした方がいいという話しをネットで目にしまして、
桃に使った袋で代用しようとしたのですが小さいのしか入りませんでした・・・

まずは植えてから7年経ったデコポンです。

デコポン7年2017.2.11.JPG

たくさん実がなりました。
7年もかかってやっと初の結実です。
当初は無農薬無肥料でやっていましたので木が生長すらしませんでした。
数年前から農薬も肥料も使うようになってやっと木の生長が始まりました。
そして昨年にこれでもかとたっぷりと鶏糞を仕込んでやったらついに実がなりました。
この日が来るのがどれだけ待ち遠しかったことか・・・

ということで感無量の収穫となりました。

デコポン7年収穫.JPG

18個あります。
デコポンも大きさがまちまちでした。
それにちゃんとデコっているのもあれば普通のみかんみたいなのもあります。
触った感じでは皮が結構硬いです。
ずいぶん前に店で買ったデコポンを食べた時は皮が柔らかかったような気がするんです。
ひと月追熟させますのでその間に柔らかくなるのでしょうか?

次は植えてから3年経ったデコポンです。

デコポン3年2017.2.11.JPG

まだ木が全然小さいです。
なので全て摘果しようか迷ったのですがならせてしまいました。
どちらの株も全く摘果はしませんでした。
こちらの株は当初は7・8個はなっていたような気がするのですが、
どうやらいくつか自然落果したようです。

ということで収穫しました。

デコポン3年収穫.JPG

4個あります。
どれも全然小さいです。
一番小さいのは柚子よりも小さいくらいです。
今年は木を大きくするためにも全部摘果するか、
せめて1個だけにしておくべきですかね。

いろいろと試行錯誤してきましたが、
結局のところ結実まで行った要因のすべては農薬と肥料のようです。
同じ柑橘でも甘夏なら無農薬無肥料でも毎年大量の実がなりますが、
デコポンはデリケートでいろいろと手間ひまがかかるようです。
だから店頭での値段が高いんでしょうね。
現実はなかなか理想通りには行きません・・・
でももっと大きな木に生長させて土作りも進めて行って、
いつかはすべての果樹を自然農法で栽培できるようになってみせます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

晩白柚を収穫しました

極寒の日々が続いておりますが柑橘の収穫時期になりました。
とりあえず晩白柚の様子です。

晩白柚2017.2.4.JPG

2m半くらいの高さでしょうか。
放任栽培ならもっともっと巨木になっていくのかもしれませんが、
私の手の届く高さで幅は2m四方に収まるように毎年剪定しています。
植えてから今年で7年になります。
届いた時からいかにも元気で青々としていてここまで順調に育ってきました。
ここ数年は常に巨大な実が10個以上収穫できています。

今年もたくさん実がなりました。

晩白柚果実2017.2.4.JPG

これでも混み合っていたところは摘果したのですが、
それでも大きくなってくるといつの間にかくっついてしまっています。
毎年冬の強風でいくつも落ちてしまうことが多いのですが、
この冬は年明けに1つ落ちただけでした。
でもこの収穫日の前日に2つ落ちてしまいました。

ということで収穫しました。

晩白柚収穫2017.2.4.JPG

15個あります。
でも1つ既に落ちたのを拾っているのでトータルでは16個です。
昨年と全く同じ数です。
手袋と比べるとその大きさがわかっていただけると思います。
でも大きさはまちまちです。
もっと摘果して数を減らせばもっと大きいのの割合が増えると思われます。
今後は10個を目安にしようかと考えています。

晩白柚ってスーパーでも見かけるんですが大きいのだと1個千円くらいしていて高いですよね。
高級店とかだと木箱入りで2・3千円もするんだとか・・・
うちのは袋掛けもしていませんのでご進物とかには使えない肌具合ですが、
せめて500円くらいで売れるといいんですがねぇ・・・
素人なりの販路があればなぁ・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

甘夏の剪定をしました

例年は2月か遅くとも3月にはすべての果樹の剪定を済ませているのですが、
今年は甘夏だけは可能な限りギリギリまでならせておくことにしました。
農家だったら12月から1月くらいには収穫して倉庫で追熟させてから春に出荷するのですが、
当然樹上で完熟させた方がよりおいしくなるわけです。
5月くらいまでそのままにしておくつもりだったのですが、
結局4月までにほとんど落ちてしまいました。
強風や豪雨の時には特に多く落ちていました。
おそらく3月中にはすべて収穫しても同じだと思われます。

ということで甘夏の様子です。

甘夏2016.5.2.JPG

相変わらず大木です。
これでも当初よりは半分くらいの高さです。
主幹の長さが私の身長を越えているので本当は50cmくらいで切ってしまいたいのですが、
そうなると枝が全部無くなってしまいます。
その年に収穫できなくなるどころか枯れてしまうかもしれません。
なのでとりあえず私がこの畑に取り掛かった当時の高さの半分の高さに切って以降は、
毎年少しずつ手の届かない位置まで伸びている枝を剪定してきました。

今年は遅くなってしまったのでもう既に花が咲こうとしています。

甘夏蕾2016.5.2.JPG

結構たくさん蕾が出ていたので来年もかなりの数を収穫できると思います。
でもある程度は摘果してひとつひとつが大きくおいしくなるようにしなければなりませんね。

ということで剪定を開始しました。

甘夏枝2016.5.2.JPG

どこから手をつけていいのやらというくらい混み合っています。
でも昨年の時点で今年はどれを切るかは既に決めていました。

ということで剪定を完了しました。

甘夏剪定後2016.5.2.JPG

最初の写真よりも少し上の方がスッキリしましたよね。
もう2本残っているのですがこれまで切ってしまうと来年の収穫が激減するのでやめておきました。
でもそれは来年には切るつもりです。
それまでには下から生えてきている若い枝が大きくなって代わりになれると予定しています。

剪定は何度やっても慣れませんね。
ずっと苦手なままです。
切ってしまって大丈夫だろうかと毎回不安になります。
でもこれも経験を積んでスキルアップして行くしかありませんね。

最後に2月の果実の様子です。

甘夏鳥食い2016.2.16.JPG

甘夏は甘といっても所詮は夏みかんなのでたいして甘くありません。
だからなのか鳥の被害に遭うことは滅多にありませんでした。
あっても2つか3つくらいでした。
ところが今年は20〜30個くらいもやられまくりでした。
よほど味がおいしくなったのかと思いきや例年と大差無いような・・・
おそらくムクドリによるものだと思われますが何で今年に限って???

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする