2019年03月10日

ブラッドオレンジを収穫しました

3月に入ってもまだまだ寒いですねぇ。
でもそろそろ春蒔き野菜の準備に取り掛からねば。
畑にオフシーズンはありません。

そんな中、ブラッドオレンジの収穫をしました。
とりあえず様子です。

ブラッドオレンジ2019.3.5.jpg

雑草の色で葉っぱや枝がわかり辛いですね。
そしてまだまだ木が小さいです。
これはタロッコという品種です。
隣にモロという品種も植えてあるのですが今シーズンも実がなりませんでした・・・

鈴なりです。

ブラッドオレンジ果実2019.3.5.jpg

木が小さいのにならせ過ぎましたね。
でも実はいい色しています。

中にはこんなのも・・・

ブラッドオレンジ鳥食い2019.3.5.jpg

鳥に食べられてしまったようです。
ということはおいしいということですね。
中の身が赤いのがわかりますでしょうか?
これがブラッドオレンジの特徴です。
柑橘で唯一アントシアニンを含有しているそうです。

ということで収穫しました。

ブラッドオレンジf収穫2019.3.5.jpg

34個あります。
落果してしまったのを4個収穫して既に食べています。
なのでトータルでは38個ということになります。

味としては甘さと酸味がどちらも適度な感じでとてもおいしかったです。
上品な風味ですね。
ならせ過ぎた割にはいい味になっていると思います。
ただまぁ木にかなりダメージがありそうなので来年の収穫は厳しいかもしれませんね。
昨年は1個だけだったのが今年は38個と大躍進をしましたが、
来シーズンはほとんどの実を摘果してでも木をもっと大きくすることに注力した方が良さそうです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:14| Comment(2) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

デコポンを収穫しました。

年末くらいから全然暖冬じゃ無くなってますねぇ。
毎日寒くて寒くてたまりません・・・
つい先日あまり雪の降らないうちの地方でも少し積もりました。
そうなる前に収穫するつもりだったのですが・・・

とりあえず、デコポンの様子です。

デコポン2019.1.28.jpg

2010年に植えてから今年で9年目です。
当初はすべての果樹を無農薬無肥料で栽培していたので、
ほとんど生長せずに実もなりませんでした。
2013年から農薬も肥料も使い始めまして、
2017年にやっと初めて実がなりました。
右の木もデコポンでしてこちらは当初から実はなるのですが、
2014年に植えてから5年も経つのになかなか木が大きくなってくれません・・・

たくさん実がなりました。

デコポン果実2019.1.28.jpg

これは完全にならせ過ぎましたね・・・
これまで収量が少なかったので摘果をしなかったのですが、
それが裏目に出てしまいました。
枝が垂れ下がって木が苦しそうです・・・

ということで収穫しました。

デコポン収穫2019.1.28.jpg

全部で99個ありました。
自然落下してしまったのを2・3個拾って食べていますので、
実際はトータルで100個を超えています。
左側が形がちゃんとデコっているもので右側が普通のみかんみたいなのでと分けました。
大きい実は少なかったです。
みかん箱を1箱持っていったのですが左側のしか入りきれませんでした。
なので右側のが3・40個そのまま地面に置いたままです。
持って帰ったのだけでもかなりの数なので食べ切れるのかどうか・・・
貰い手が見つからなかったら土の栄養にするしかなくなりますね。
これじゃあ昨年までの甘夏の二の舞じゃないか・・・

例年だとデコポンは2月中旬に収穫していましたが、
今年は1月下旬に収穫しました。
どうやら早生のデコポンのようだからなのです。
酸の抜けが早いそうなのですが皮はまだ結構硬かったです。
一応ひと月追熟してから食べます。
春まで木にならせておく完熟デコポンと言うのもあるのですが、
あれはどうやらかなり高等なテクニックを要するそうで、
私のようなド素人には難しいようです。
果樹って本当に難しいですね・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:53| Comment(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

甘夏を収穫しました

あけましておめでとうございます。
年明けからもう10日以上も経つんですね・・・
4日から畑には行っています。
今は竹林の伐採と草刈りをしています。

そんな中、甘夏を収穫することにしました。
例年は春直前くらいに収穫しているのですが、
このところ実が次々に落ちていたのでこれ以上寒害に遭う前にと前倒ししました。
とりあえず甘夏の様子です。

甘夏2019.1.11.jpg

例年なら木にめいっぱい実がなっているのですが、
今回は僅かしかなっていません。
年々枝を減らして木を低くしてきましたがその影響でしょうか?

実はこんな感じです。

甘夏実2019.1.11.jpg

花自体があまり多く咲かなかったので摘雷も摘果もしていません。
数が少ない分もっと大きな実がなると思っていたのですが・・・

ということで収穫しました。

甘夏収穫2019.1.11.jpg

右端のがまあまあ大きいのですが他のはどれも小さいです。
色はどれも普通ですね。
13個ありますが既に落ちたのを6個収穫しているのでトータルだと19個です。
例年の10分の1程度です。
でも家族だけで食べるならこれくらいでも十分ですね。
これまでは多過ぎて貰い手を見つけるのが大変でしたので。
ひと月追熟してからが食べ頃です。

今年の正月休みは11連休もありましたのでその間いろいろと考えました。
うちの強烈な粘土質の土のままでは土作りがままならないこと。
かと言って耕してしまったら自然農法とは言えなくなってしまうこと。
とは言ってもこのままではせっかく時間や手間をかけても無駄に終わってしまいかねないこと。
でもこれまでずっと頑固に不耕起無肥料を貫いてきたのが私のプライドでもあること・・・
そして考えた結果、今後は耕すことを決意しました。
刈った雑草も地面に敷くだけではなくて土の中にどんどんすきこんでいきます。
苦渋の決断ですし自然農法をあきらめたわけではありません。
とにかく野菜がしっかりと根を深くに張り巡らせるに適した土に変えたいだけです。
思惑通りにうまく行くのかどうかわかりませんし、
結局は粘土質は変えられなかったという結末もありえます。
それでもやると決めた以上は徹底的にやり切る所存です。

ファイナルステージ3年目にして大きな転機を迎えました。
これからどんなことが起こるのやら・・・
それでは今年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:09| Comment(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

晩白柚を収穫しました

凄まじい寒さですねぇ・・・
ここまでは暖冬でしたがとうとう本物の寒波がやってきました。
痺れるような寒さですが負けずに畑に行きます。

そんな中、晩白柚を収穫することにしました。
とりあえず、晩白柚の様子です。

晩白柚2018.12.29.jpg

実をならせ過ぎですね・・・
重みで枝が垂れ下がってしまっています。
でも毎年こんなでも隔年結果にはなりません。
例年は3月くらいに収穫していましたが、
どうやらそれでは遅過ぎるようなのです。
苗を買った時に付いていたタグを見てみたら12月中旬からとなっていました。
なので今回は年末にしてみました。

巨大な実がたくさんなっています。

晩白柚実2018.12.29.jpg

ただまぁ実の肌色がイマイチですね。
台風で揺らされたり虫にやられたりとかでどうしてもこうなってしまいます。
でも中身には何の問題もありません。

ということで収穫しました。

晩白柚収穫2018.12.29.jpg

20個あります。
今月上旬に1個落ちていたのを拾っていますのでトータルでは21個の収穫となりました。
写真の右下にあるのは甘夏です。
それと比べると晩白柚の巨大さがわかっていただけると思います。
ひと月追熟してから食べ始めます。

今年も残すところあと僅か・・・
もう本当にあっという間に時が過ぎていくのが恐怖でたまりません・・・
でもまぁ春夏秋冬を感じながら続けていくのが畑ですしねぇ。
ただまぁその畑も10年以上もやっているのにいまだに土ができてくれません。
自然農法をきっちりとやり切る意気込みでのファイナルステージ2年目でしたが、
今年も中途半端なことになってしまいました。
来年どうするかは正月休みの間にじっくりと考えます。
それでは来年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:53| Comment(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

みかんの様子

とうとう本格的な寒波がやってきましたね。
年齢とともに暑さには強くなってきているのですが、
逆に寒さに弱くなってきていまして、
冬の間の作業が思いやられます・・・

そんな中、柑橘が色づいてきました。
まずはデコポンです。

デコポン2018.12.8.jpg

木の大きさにかなり差が出てしまいました。
大きい方も植えてから何年も小さいままでなかなか大きくなりませんでした。
肥料をたっぷりと与えるようになってからようやく生長が始まりました。
それにしても実をならせ過ぎましたね。
重みで枝が垂れ下がって地面に着きそうになっているのもあります。
小さい方は1個だけです。
大きい方も普通のデコポンいわゆる不知火のつもりだったのですが、
苗を購入した時に付けられていたタグが出てきまして、
それには早生デコポンと書かれていました。
どうやらこのデコポンは肥の豊という品種のようです。
不知火は3月くらいが収穫時なのですが肥の豊は1月中旬からなんです。
だから今年の3月に収穫した実はイマイチ水分が少なかったのでしょうか?
今回は来月の下旬くらいに収穫してみます。

次は晩白柚です。

晩白柚2018.12.8.jpg

巨大な実がたくさんなっています。
適切に摘果したつもりだったのですが実が大きくなってみるとならせ過ぎに見えますね。
晩白柚も前回は今年の3月に収穫したのですが、
どうやら12月中旬からが適期のようなんです。
柑橘ってネットで収穫時期を調べてみると人によってマチマチなんですよね・・・
いろいろと精査してみた結果、今回は年内で収穫することにしました。

次はブラッドオレンジです。

タロッコ2018.12.8.jpg

タロッコという品種です。
こちらも実をならせ過ぎました。
枝どころか木が傾いてしまっています・・・
摘果をほとんどせずに自然任せにしたのが失敗でした。
木の生長に影響がなければいいのですが・・・

次もブラッドオレンジです。

モロ2018.12.8.jpg

モロという品種です。
こちらはさらに木が小さいです。
でも少しずつですが着実に大きくなってはきています。
いまだに花すら咲きません。
来年こそは・・・

最後は甘夏です。

甘夏2018.12.8.jpg

毎年徐々に太い枝を剪定してきましてようやくコンパクトな木になりつつあります。
手の届く高さになったのでしっかりと摘果するつもりだったのですが、
花があまりたくさん咲かなかったので当然実もあまりなりませんでした。
なので摘果するほど実が無いのでしていません。
こちらも来年が勝負ですね。

果樹の栽培はどれも難しいのですが、
柑橘はまだ他のと比べれば多少は楽ですかね。
実の皮がしっかりとしているので傷みにくいですし日持ちもしますし。
他にも興味のある品種があるのでさらに増やしたい気もあるのですが、
もうこれ以上は厳しいですしね・・・
生長不良の株やまともに収穫できない株との入れ替えを検討してみます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:42| Comment(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする