2018年02月10日

桜島大根を収穫しました

毎日厳しい寒さが続いております。
とは言え、雪による災害とかにはほぼ無縁の地域なので、
このくらいで厳しいとか言ってたら雪国の方々に申し訳ないのかもしれません。
そんな中、桜島大根の収穫をしました。

とりあえず、大根の様子です。

大根2018.2.5.jpg

左が宮重総太りで右が桜島です。
宮重が残り8本です。

桜島はこんな感じです。

桜島大根2018.2.5.jpg

4株あるんですが右奥のはわかり辛いですよね。
株そのものが小さい上に外側の葉っぱが枯れてしまいまして・・・
寒波とともに太り出すはずなのですが秋の終わりごろと大差ありません。

ということで収穫しました。

大根収穫2018.2.5.jpg

どれが桜島かは容易にわかるかと思いますが全然小さいですね。
本来ならこれの3倍以上の大きさはあるはずなんです。
でもまぁ普通の青首大根と比べれば大きいですね。

2月に入ったのでそろそろ葉っぱの生えている上部を切り取らなきゃならないのですが、
いまだに全くトウ立ちの兆しもありません。
例年なら1月の終わり頃にトウ立ちが始まる年もありました。
やはりこの冬が寒過ぎるからでしょうか?
そろそろ春蒔き野菜を考えなければなりませんね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:13| Comment(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

大根を収穫しました

もの凄く遅まきながら、あけましておめでとうございます。
4日から畑には行っていましたが特にネタが無かったので更新が遅れていました。
今は竹林の伐採作業を行っています。
タケノコ栽培ゾーンを大幅に縮小することにしました。
そのことについてはいずれ記事にします。

ということで、とりあえず大根の様子です。

大根2018.1.16.jpg

左が宮重総太りで右が桜島です。
宮重が16株で桜島が4株あります。

宮重はこんな感じです。

宮重大根2018.1.16.jpg

太いのから細いのまでまばらな生育具合です。
まぁ例年通りでしょうか。

桜島はこんな感じです。

桜島大根2018.1.16.jpg

まだ全然太ってくれません。
普通の白首大根の太めサイズくらいです。
例年ならこの3倍くらいの太さはあるはずです。
この写真以外の株はさらに細いです・・・

ということで今回は宮重を収穫しました。

大根収穫2018.1.16.jpg

左が一番細いのを2本。
右が一番太いのを2本です。
手袋と比較していただくとその大きさが大体わかるかと思います。
何だかイマイチですねぇ・・・
いくつか細いのが混ざるのはうちの畑では致し方ないと割り切ってはいますが、
太いのでこの程度では・・・

今シーズンは異常気象らしく農作物の生育が悪くて野菜の値段が跳ね上がっているそうですね。
桜島大根が太ってくれないのはそのせいでしょうか?
でも土の栄養が足りない可能性もあるので何とも言いようがありません。
確かにまぁ残暑がほとんど無いままに秋になって、
秋が始まったと思ったらすぐに寒気がやってきて11月に入ったら既に真冬でした。
これじゃあ冬までにまともに株が育ちませんわな・・・
でもまぁ大根はうちの畑ではまだ全然マシな方ですから。

ファイナルステージ2年目に突入しました。
1年目の失敗を糧にして自然農法をキッチリとやり抜く所存です。
冬の間も果樹の剪定や施肥など作業は山ほどあります。
まだまだのんびりとはしていられません。
それでは今年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:36| Comment(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

桜島大根のタネを収穫しました

6月に入ってからは野菜ゾーンや山菜ゾーンの作業も開始しました。
もうすっかり草ボウボウになっていまして・・・
そのせいで大根のタネのことを忘れていました。
思い出してあわてて様子を見に行きました。

それではとりあえず桜島大根の様子です。

大根2017.6.5.jpg

雑草まみれで何が何だかわかりませんよね。
暖かくなってきたらあっという間に埋もれてしまいました。
でも確認してみたら無事のようでした。

ということで地上部を刈り取りました。

桜島大根2017.6.5.jpg

根っこの部分は少しだけ肥大化していましたが既にスカスカになっていました。
やはり茎が伸びて行って花が咲くと栄養をそっちに持って行くんですね。
こんなに大きくするつもりはなかったので冬の間に結構剪定したんですがどんどん枝が増えていくんです。

まだ花も残っていました。

桜島大根花2017.6.5.jpg

これが桜島大根の花です。
iPhoneのカメラ機能にだんだんと慣れてきたのでマクロ撮影もできるようになってきました。
この花の数だけタネが取れるわけです。

タネの入った莢がたくさんなっています。

桜島大根莢2017.6.5.jpg

十分に乾燥したのもあるんですがほとんどはまだまだ青いです。
ほとんどが乾くまでこのまま置いておくという手もあるのですが、
他の作業が忙しいので全部収穫することにしました。

乾いた莢の中のタネはこんな感じです。

桜島大根タネ2017.6.5.jpg

巨大になる大根だけあってタネも普通の大根よりは大きめです。
豆と同じで莢の大きさによって1〜3粒入っています。

ということで全て収穫しました。

桜島大根タネ収穫2017.6.5.jpg

ちょっと量が多過ぎますね・・・
こんなにあっても使いきれませんわ・・・
これを天日干しして乾燥させます。
すると先ほどのようなタネになります。

昨年に種蒔きをした時に発芽後の生長が一番良かった株をタネ取り用に使いました。
おそらく優良な素質を持ったタネだと思われます。
これを今年の夏の終わりから秋の始めにかけての間に種蒔きして栽培を開始します。
これまでで最大の巨大な大根になることを期待しています。
でもそれまでにやることが山積みですが頑張ります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

桜島大根を畑で保存しました

つい先日桜島大根を1本だけ収穫しまして残りはまだ畑に置いたままでした。
とにかく大きいのでその1本を食べきるまでにかなり時間がかかりそうです。
そこである処置を施すことにしました。
来週の月曜にするつもりだったのですが急遽やらざるを得なくなりました。
とりあえず桜島大根の様子です。

桜島大根2017.2.4.JPG

パッと見は先日と変わっていないように見えるのですが、
株の中央をしっかりと見てみると・・・

桜島大根トウ2017.2.4.JPG

トウが立ち始めていました。
先週の時点ではこうはなっていなかったと思うのですが・・・
今週もかなり寒かったのでトウ立ちはまだまだ先のつもりでいました。
たまたま今日は寒さがかなり和らいだのでいきなりトウ立ちが始まったのでしょうか?

これはもう一刻の猶予も無いのですぐに取り掛かりました。

桜島大根保存2017.2.4.JPG

葉っぱを全て取り除きました。
葉っぱだけではなくて葉元をすべて切り取りました。
これで大根の生長を止めることができます。
これをせずにそのままにしておくとトウが立ってしまって、
栄養をそっちに取られてしまって大根の中が空洞になって行きます。
これまで何度もそれで失敗しているので、
今回はトウ立ちの前にこれをやるつもりだったのですが、
またもや若干遅れてしまったようです・・・
でもまぁおそらくギリギリセーフではないかと。

こんなの長年畑をやっている人からしたら常識も常識かもしれませんね。
私は10年もやっててもまだまだこの程度をやっと把握し出したばかりです。
今後も地道に学習しながらやって行きます。

ところで桜島大根を食べてみた感想なのですが・・・やはり結構おいしいです。
柔らかいのに煮崩れしないという煮炊き用の大根でして、
クセがあまり無いので出汁の味が馴染みやすいですね。
葉っぱは炒め物にしました。
悪くはないもののおいしくもないかなと・・・
葉っぱの方が栄養があるそうなのですがこれ以上は食べる気になれませんね。
大根の部分はこれから春までぼちぼちと食べて行きます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

桜島大根を収穫しました

ここしばらく凄まじい寒さでしたが昨日くらいから少し和らぎましたね。
大根は寒波に当たるほどにおいしくなるらしいですし、
桜島大根は寒波とともに肥大化するのである程度の寒さは必要なのです。
ということで桜島大根の様子です。

桜島大根20171.27.JPG

7株あるんですが大きさがまちまちですね。
それがまぁ在来固定種の特徴であります。
生長スピードが違うので大きくなったものから順に収穫することで、
長期に渡って食べる分だけ収穫できるということなのですが、
どのくらいが食べ頃なのかがいまだに自信を持って判断できていません・・・

手前左の一番大きいのはこんな感じです。

桜島大根大株2017.1.27.JPG

葉っぱはかなり大きく広がっているんですが、
地上部を見る限りでは微妙な大きさですね・・・
土の中でどのくらい大きくなっているのかということになります。

そしてその奥の一番小さい株はこんな感じです。

桜島大根生長不良2017.1.27.JPG

完全に生長不良ですね。
根っこが小指ほどの太さしかありません。
当初は他のと大差ない感じだったのですが、
途中から生長が止まって雑草に覆われてしまいました。
他のは大きくなっていることからすると連作の影響というわけでも無さそうです。

さらにその奥の3株はこんな感じです。

桜島大根普通株2017.1.27.JPG

3つともこのくらいの大きさです。
2月までそのままにしておけばもっと大きくなるのでしょうか?
でも寒波に反応して肥大化するのは年末までで、
年明け以降はあまり変わらない感じがしています。

ということで最初の写真の手前右から2列目の株を収穫しました。

桜島大根収穫2017.1.27.JPG

地上部が他のに比べて上に伸びていました。
直径が30cmくらいで長さが50cmくらいでしょうか?
持ってみた感じでは10kg以上はあると思います。
巨大な大根というところに惹かれて栽培していますので、
大きければ大きくなるほどに張り合いがあるのですが、
うちの家族で食べるには多いんですよね・・・

最初の写真の手前右の株も生長不良のと同様に指程度の太さしかありません。
でもこの株は生長不良ではありません。
葉っぱも大きな株と変わらないくらいに大きく広がってますよね。
これはタネ取り用にあえて太らないようにしました。
発芽した中から間引く時にあえて一番生長の良かったのを引っこ抜いて植え替えました。
生長の良い優秀なタネを残していく戦略です。

これで食べる用のはあと実質4株残っているわけです。
毎年収穫が遅れてスが入ってしまったりしているので、
今年はそうならないように気をつけています。
とは言え、同時に収穫してしまうとなかなか食べ切れません。
なので今回はスが入らずにそのまま畑に置いておける方法を行います。
どうするのかは次の機会に。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする