2015年09月06日

大根を収穫しました

今回もまた生長途中の記事無しでいきなり収穫です。
実は春にタネを蒔いてちゃんと発芽もしたんですが、
間引いて1株ずつにしてから次々に虫にやられてしまいまして・・・
葉っぱがボロボロになってしまって次々に枯れてしまったんです。
半ばあきらめて放置していました。
でもまぁいくつかは瀕死の状態から復活したようでして今回の収穫となりました。

とりあえず大根の様子です。

大根2015.9.5.JPG

雑草が敷いてあって見辛いと思いますが8株あります。
当初は16株ありましたので半減してしまいました。
数日前までは雑草に埋もれていましたがすべて刈り取って分厚く敷いてあります。
本来なら7月の下旬が収穫予定日だったのですがひと月以上も遅れてしまっています。
葉っぱがボロボロ状態からの復活でしたので生長がとても遅かったのです。
これ以上このままにしておくと塔が立ちそうなので収穫することにしました。

一応大根はこんな感じです。

若宮二号2015.9.5.JPG

当初の状態からすればよくぞここまでという感じなのですが、
全体に色がくすんでいてイマイチな感じですねぇ・・・
若宮二号という青首の夏大根なのですが青さが足らないですね。

ということで収穫しました。

大根収穫2015.9.5.JPG

上の4本は細かったり二股に分かれていたりと全然ダメですが、
下の4本は写真だとまあまあに見えますよね。
でもこれも店で売っているような大根とは比較にならないくらい細いです。
でもまぁ無肥料ということを考慮すればそこそこかなという感じです。
私的には真っ直ぐに伸びていることに少し手応えを感じています。
今回も楽にスッと引っこ抜くことができました。
まだまだですが着実に土の状態は進歩していると思います。

この収穫後に桜島大根の種蒔きをしました。
今回は5株栽培します。
その内2株分は今年採取した自家産のタネです。
初めて栽培した時のように巨大に生長してくれることを期待しています。
秋蒔き栽培の開始です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

大根のタネをどう取るのか?

うちは自然農法をやっているので、
タネは自家採取して累代栽培していくのが理想なわけです。
ニンニクなんかは既にずっとそうしてきていますが、
他の野菜ではなかなかそううまくは行っていません。
タネは取れたものの翌年に撒いてみたらうまく生長しなかったり、
タネ自体をうまく取れなかったりと失敗を繰り返してきました。
桜島大根もそのひとつです。

大根なんていろいろと種類がある中でなぜ桜島大根の栽培にこだわっているのかと言えば、
それはもうあの巨大な大きさに尽きます。
私は単純馬鹿なのでこういうわかりやすい特徴をもったものに惹かれるんです。
世界一大きいとか色が変わってるとか希少価値があるとか。
初めて栽培した時に巨大化した大根を見た時のワクワク感が今でも忘れられません。

とりあえず桜島大根の様子です。

桜島大根2015.5.15.JPG

秋から大根を栽培していた場所の草刈りが済みました。
今は花が咲いたタネ取り用の大根が残っているだけです。

桜島大根花2015.5.15.JPG

この株は花とタネが作られるであろう莢と両方ある状態です。
これが大根の花なんです。
根っこが巨大になる割に花は小さいですよね。

そして他のはこんな感じです。

桜島大根莢2015.5.15.JPG

こちらの株は花は全て落ちて莢だけです。

桜島大根タネ2015.5.15.JPG

何だか豆でも入っていそうな感じに膨らんでいますよね。
この中に細かいタネが大量に作られるんです。

で、ここからが問題でして、
どのくらいでタネを収穫すればいいのかがよくわからないんです。
この莢が枯れてきた頃だとは思うのですが、
ここというタイミングがいまだにつかめないんです。
早過ぎるとまだタネが乾燥していないでしょうし、
遅いと莢がはじけてタネが飛び散ってしまいます。

そこで無い知恵絞って考えました。
毎晩布団の中でイメージトレーニングをしましてこれだというやり方を思いつきました。
それがこれだ!!!!!

桜島大根袋2015.5.15.JPG

ベストのタイミングはやはり自然にタネが飛び散る状態だと思うのです。
でもそこまで待っていると地面にタネが撒き散らされて収集不能になります。
それならあらかじめ袋を被せておけば莢がはじけてもそのまま回収できます。

これで本当にうまく行くのかどうかはその時が来るまでわかりません。
うまく行けば他の野菜のタネ取りにも活用できます。
今後も試行錯誤を続けていきます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

桜島大根を収穫しました

2月中には収穫を終えるつもりでいた大根なのですが、
果樹の手入れ作業が忙しくて手が回りませんでした。
そして3月を過ぎてしまいました。
だんだんと気温が上がってきているからなのか、
塔立ちが始まりかけているので慌てて収穫することにしました。

とりあえず大根の様子です。

大根2015.3.8.JPG

左が桜島で右が宮重総太りです。
真冬の寒い中でも少しずつですが生長を続けています。
とは言ってもあまりにスローペースなので結局は小さいままですが...

まずは桜島です。

桜島大根215.3.8.JPG

葉っぱは大きいんですがねぇ...
本体部分は土から出ている部分を見ただけでも小さいのがわかります。
まだこれでも年末年始の頃よりはだいぶ大きくなったんです。
ということで引っこ抜いてみました。

桜島大根収穫2015.3.8.JPG

全然桜島じゃねぇ〜〜〜
出来損ないの白首大根って感じですね。
球形になるはずなのに下へ長く伸びてますし何なんでしょうか...
まぁ要するに大失敗ということでして...

次は宮重総太りです。

宮重2015.3.8.JPG

土から青首がしっかりと出ていていい感じです。
写真に写っているこの4株を抜いてみました。

宮重収穫2015.3.8.JPG

地上に出ている部分は太っているんですが、
地中の部分から急激に細くなっていますね。
青首大根はこれでいいのでしょう。
結構長く伸びていますね。

そして残り全部抜きました。

宮重小収穫2015.3.8.JPG

小さくて細いのばかりです。
種蒔きがかなり遅れてしまったので致し方ないです。
でもこれも長さは結構ありますね。

毎度毎度しょぼい収穫ばかりですが青首大根に関してはそこそこうまくできたように思います。
種蒔きをもっと早くすればほとんどの株がまあまあの大きさにはなったように思います。
そして今回私が着目しているのはその長さですね。
こんなに深く伸びているということは深い部分の土がそれだけ柔らかくなったということだと思われます。
それと開墾の時に石などの障害物をこまめに取り除いたのが効いているようにも思われます。
さらに引っこ抜くのがとても容易でした。

あと桜島大根がまたしてもダメでした。
初めて栽培した時はちゃんと巨大化したんですけどねぇ...
当時と何が違うのだろうか...
もしかすると開墾を始めた当初よりも土の栄養が少なくなっているのかもしれませんね。
麦によって土が柔らかくなったのは何となく実感できました。
あとはもうとにかく土を肥やすための土作りに尽きますね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

大根を収穫しました

ここ1週間ほど他の用事があって畑に行けませんでした。
今日は久しぶりに畑へ行ってみました。
とりあえず大根の様子です。

大根2015.1.25.JPG

左が桜島で右が宮重総太りです。
12月に大根の様子を記事にしましたがあれからしっかりと生長を続けてきました。
真冬でも大根はちゃんと大きくなって行くんですね。
青首の部分が地面から上へと出てきます。

宮重総太り2015.1.25.JPG

いい感じに太くなってきているように見えます。
ということで一部収穫することにしました。
これまでうちの畑で大根を収穫する時は土が硬いので引っこ抜くのが大変でした。
力任せに引っ張ると折れてしまうので結局鍬やスコップで掘り出していました。
今回は麦でしっかりと土を砕いたあとなので思い切って引っこ抜いてみました。
すると案外普通にすっぽりと抜けました。
まだまだ土は硬いですが抜けないほどではありませんでした。

ということで5本だけ収穫しました。

大根収穫2015.1.25.JPG

写真だと太く見えているかもしれませんが大して太くはありません。
でも概ね真っ直ぐに伸びているのが多いのが進歩している証ですね。
大根おろしや煮物にして食べることになると思います。
葉っぱが一番栄養価が高いそうなので油いためにでもしてみます。

まだ小さい株も多く残っています。

宮重小株2015.1.25.JPG

まだこんな大きさのもあるんですよ...
2月いっぱいまでが収穫時期となっているのでそれまでは栽培を続けます。
この真冬にあとひと月ほどでどのくらいまで生長するのでしょうねぇ...

不耕起で無肥料の畑でここまで育てばまあまあなのかまだまだなのか...
総太りってくらいですしもっと太くなるはずだと思うのでこれで満足はしません。
まだまだ土作りが足らないのだと思います。
でも着実に土が軟らかくなってきているのは実感できましたし、
今の時点では及第点の大きさまでは行けたと思います。
残りはこれから必要な時にぼちぼちと収穫して行きます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

大根の様子

うちの畑は長年放置竹林だったので土地の全域に竹の地下茎が張り巡らされてしまいました。
それを長い年月をかけて開墾してきました。
野菜ゾーンの中の栽培スペースは8つありまして、
その中の4つを根野菜用のスペースにするべく深いところまで掘り起こしました。
かえって粘土質そのものの深い部分の土が表層の土と混ざってしまい、
表層部分が余計に硬くなってしまいました。
それを麦の力で細かく砕くべく麦栽培を行いました。
その効果がどのくらいかを試すための今回の大根栽培です。

前置きが長くなりましたがとりあえず大根の様子です。

第3スペース2014.12.5.JPG

これはもうパッと見にも大根ですよね。
左側が桜島大根で右が宮重青首大根です。
桜島は4年前に購入したタネがたくさん残っていましてそれを使いました。
1ヶ所に30粒くらい蒔いてやっと2つか3つくらい発芽するような状態でした。
それ以上に蒔いても全く発芽しなかったこともありました。

ではその桜島です。

桜島大根2014.12.5.JPG

一目見て大根とわかりますが普通の大根とは明らかに見た目が違います。
初めて栽培した時はかなり巨大に生長しましたが今回はどうなるのやら...
でも種蒔きが遅れてしまったのであまり期待せずに期待しています。

そしてこんなのもあります。

桜島大根小2014.12.5.JPG

これも桜島です。
実はこれは間引くために引っこ抜いた株です。
あえて間引いた株を植え替えてみました。
大根は植え替えると肥大化しません。
なのでこれを使って自家製のタネを取るつもりです。
肥大化した株からタネを採取しようとして多過ぎて収集がつかなくなって失敗したことがありました。
私もちゃんと失敗から学習しているんです。

次は宮重です。

宮重総太り大根2014.12.5.JPG

これも種蒔きが遅かったので生長が遅いです。
でもまぁ悪くない感じですね。

宮重総太り大根大2014.12.5.JPG

ちゃんといい感じに太ってきてますね。
年明けから順次収穫して行きます。

そしてこちらもまだこんなのもあります。

宮重総太り大根小2014.12.5.JPG

種蒔きが遅れたのでいまだにこんなのがいくつもありまして...
撮影をしたこの後、間引いてすべて1本立ちにしました。
冬の間に肥大化するところまで行けるのでしょうか...

そしてこれが間引いた大根です。

宮重総太り大根間引き2014.12.5.JPG

買ったばかりのタネなので発芽率はすこぶる高かったです。
なので間引き大根をたくさん収穫することができました。
あれから5日後の今日に油炒めにして食べました。
結構おいしかったです。

大根に土寄せをしていて感じるのですが、
まだまだ土が全然硬いですね。
これからも雑草の根っこで地道に砕いていくしかありません。
早く地力を実感できるところまで行きたいです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする