2023年12月28日

ニンニクが大ピンチ!!!

すっかり冬ですが例年と比べると気温が高いですね。
だからなのか何なのか・・・
とりあえずニンニクの様子です。

IMG_6610.JPG

左が平戸で5株分ありまして右が赤丸で6株分あります。
タネを埋めたのは10月中旬だったのですが12月に入っても半分以上が発芽してこないんです。
11月くらいからどうしたものかと思っていたのですが、
これまでの経験上、遅いなと思っても結局は発芽したので様子を見ることにしました。
でもこれはおかしいと思って思い切って掘って確認してみたら・・・

IMG_6613.JPG

タネが腐敗していました・・・
平戸は全滅でした。
赤丸はまだ土から出ていなかっただけでほとんど発芽していて腐敗していたのは1ヶ所だけでした。

ジャンボの方はこんな感じです。

IMG_6611.JPG


こちらも2ヶ所は普通に数週間で発芽したのですが残り3ヶ所が芽が出ないので掘り出してみました。


IMG_6612.JPG

こちらは一応全部土の中で目は出ていました。
ただまぁそれにしても今の時期でこれでは生長が遅過ぎます。

これまでも1つくらいは発芽せずに腐敗してしまうこともありましたが、
全滅というのは経験がありません。
一体何が原因なのでしょうか?
冬の気温の高さで農作物に影響が出ているとか聞きますが、
ニンニクはそんなのはものともしないと思っていました。
しかも平戸は温暖地タイプの品種ですし。
今回は土の中に大量の雑草を仕込みましたがそれでしょうか?
でも昨年も雑草やら木の枝や葉っぱを仕込んでからタネを埋めてそれでうまく行っています。
となるとやはり気温だろうか・・・

こんなことにも備えてタネは予備を残してあるのでそれで埋め直しました。
でも平戸だけが数が少なくて3個しかなかったので、
残りの場所には赤丸とジャンボを1個ずつ埋めておきました。
ニンニクだけはどんな状況でも大丈夫なものだと思っていたのになぁ・・・
私は環境利権が言うところの温暖化なんてものは全く相手にしていませんが、
それでも今年に関しては明らかに異常なのかもしれませんね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月13日

ジャンボニンニクの収穫をしました

ここ数日、晴れてたはずなのに急に曇ったと思ったらいきなり豪雨とか頻発してますね。
梅雨の最後っ屁でしょうか?
今日も畑に行く直前に雨が降ったのですがすぐに止んだので、
とりあえず畑に行ってみたのですが数十分でまた雨が・・・
今帰ってきたばかりでして作業をするはずだった時間を使って記事を入力しています。

そんな中、ジャンボニンニクを収穫しました。
とりあえずジャンボニンニクの様子です。

IMG_5822.JPG

雑草で見辛いですがタネを埋めたのが5株に、
ムカゴから数年かけて大きくなったのが3株あります。
昨年収穫した中から大きい順にタネに採用して埋めているのですが、
ムカゴからの方が地上部は大きく生長していました。

その中のひとつはこんな感じです。

IMG_5823.JPG

だいぶ枯れ込んでいます。
この撮影をしたのは6月の末頃でして、
一応収穫期間内ではあるのですが例年だと7月を過ぎてからが多いので、
今年は少し早めの収穫となりました。

ということで収穫しました。

IMG_5824.JPG

左から5つがタネを埋めた株で、
右から3つがムカゴからです。
地上部の大きさの通りになりました。
久々にいかにもジャンボらしい大きさになりました。
これは来シーズンに向けて有望なタネ候補です。

ムカゴからだと何年もかかるので効率的ではありませんが、
この結果からするとそれくらいの時間をかけるなりの意義はありそうです。
ムカゴ専用のスペースを用意して、
そこでさらに選抜するのもありかもしれません。
ニンニクはうちの畑では数少ない順調に行っている作物なので、
更なるレベルアップを目指して行きます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月25日

ニンニクの収穫をしました

梅雨なので雨で畑に行けない日が結構ありますが、
このところ利き手の人差し指が痛くて困っていたので、
ちょうどいい体を休める期間と思っております。

そんな中、ニンニクを収穫しました。
とりあえずニンニクの様子です。

IMG_5705.JPG

雑草に埋もれてしまいました。
ついひと月前にきれいに抜いて地面に敷いておいたのですが、
あっという間に生えてきてこの有様です。
おびただしい数の雑草のタネが土に混ざり込んでいるんでしょうね。
刈っても抜いても待ってましたとばかりに次のがいくらでも生えてきます。
これだけの数があっという間にここまで生長するというのは、
それだけ土に栄養があるということでしょうか?
でも野菜の生長は遅いという・・・

まずは赤丸です。

IMG_5706.JPG

6株あるのですがこれは一番大きな株です。
赤丸は栽培開始当初からなかなか大きくならなくて苦戦続きでした。
ここ何年かで徐々に累代栽培の効果が出始めたかなという手応えがありましたが、
今回はこれまでで最もそれぞれの株が大きくなりました。
でも途中から生長不良も出始めました、

次は平戸です。

IMG_5707.JPG

こちらはどれも細かったです。
割と順調に見えていたのですが途中で生長が止まってしまったかのようでした。
でも全ての株から蕾が出てきてはいたのでそこそこ行けたのでは無いかとも思ってもいました。

と言うことで収穫しました。
まずは赤丸です。

IMG_5708.JPG

またしても1株分裂しました・・・
昨年と同じ場所に埋めた鱗片でです。
場所か良くないのか何なんだろう・・・
そしてまた極小サイズも1株混ざりました。
毎年こんな感じですが今回はそれ以外がかなり大きかったです。
特に左から2番目のはこれまでで最大級です。
このくらいが最大サイズなのかもっと行けるのか?

次は平戸です。

IMG_5709.JPG

こちらも昨年同様に大きさが揃いました。
でも今年の方がずっと大きいです。
まだまだもっと大きくできるはずだとは思いますが、
これまでのことを思えば大躍進ですね。
地上部が細かったのでイマイチかと思っていたのですが全然逆でした。

まだまだ改善の余地は多々あるとは思いますが、
だいぶまともなニンニクとして形になりつつあります。
同じ場所で長年累代栽培をしてきたのでうちの土地に適応してきたのかもしれません。
ただまぁ土を柔らかくフカフカにするために、
穴を掘って木の枝や葉っぱや雑草を埋め込んであります。
なので自然農法でここまでできたとは胸を張って言えません。
でもいつかは・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月14日

ニンニクの様子

うちの畑で栽培している野菜の中では最も安定しているのがニンニクです。
それだけ長くやっているというのもありますし、
同じ場所で累代栽培をしてきたというのが大きいと思われます。
ただまぁ年によって結構ムラがあったのも確かでして、
まだまだ土作りが進んでいないのも実感しました。
でも今年はかなり順調に見えています。

ではとりあえずニンニクの様子です。

IMG_5504.JPG

左側がジャンボで右側が平戸と赤丸です。
この3種に決めてからはずっとそれぞれこのスペースで栽培しています。
どちらもちょっと前に雑草をざっと刈ってあるのですが、
ジャンボの方はまた戻りつづあります。
それでも今シーズンは雑草の勢いにニンニクが負けていません。

まずはジャンボの様子です。

IMG_5505.JPG

5株分タネを埋めました。
でも左側が何だか密集していますよね。
少しだけスペースが余っていて空いているので、
そこにムカゴの中から選別した良さそうなのをいくつか埋めておきました。
でもそれは何年も前のことです。
何年もかかってやっと収穫サイズになったようです。
そしてタネを埋めたのよりも株が大きいです。

ジャンボの蕾はこんな感じです。

IMG_5508.JPG

まだ伸びかけくらいです。
これがもっと伸びていくと、
いわゆるニンニクの芽になります。
でも鱗片を太らせるためには早めに摘み取った方がいいと思われます。

次は平戸の様子です。

IMG_5509.JPG

こちらも5株あります。
今までで一番大きく生長しました。
累代栽培によってうちの畑に順応してきたからだと思われます。

平戸の蕾はこんな感じです。

IMG_5510.JPG

茎がクルンと曲がっています。
平戸は暖地系ですが普通のニンニクなのでこうなります。

次は赤丸です。

IMG_5511.JPG

こちらは6株あります。
1株だけ生長不良がありますが他はやはり今までで一番大きくなりました。
初めて栽培した時はあまりに小さくしかならなかったので、
何度も栽培を断念しかかった時もありましたが、
やはり長年続けたことでこの土地に順応したのだと思われます。

赤丸の蕾はこんな感じです。

IMG_5512.JPG

こちらはクルンとはならないのですが先端がやけに長いのが特徴です。
そして蕾の部分があまり膨らみません。

と言うことで収穫しました。

IMG_5514.JPG

当然ニンニクそのものではなくてあくまで蕾と茎です。
この時点ではまだ蕾が出てきていない株もあったのですが、
赤丸の生長不良の1株以外は全て蕾が出てきました。
そして蕾も茎もすでに二度収穫して食べています。
炒め物にしてみましたがニンニクの風味はある程度はするものの弱めですかね。
味自体も調味料次第というところです。
それと一度に食べた量が多かったからかお腹を壊してしまいました・・・
ニンニクの芽は少しずつ食べた方がいいでしょうね。

今シーズンのニンニクは過去最大規模の予感がしています。
でもそう思って大したことが無かったこともこれまでにありましたので、
あまり過度な期待はせずに吉報を待ちたいと思っています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月03日

ジャンボニンニクを収穫しました

連日凄まじい猛暑ですね。
確かにこの暑さの中での作業はキツイのですが、
それでも年齢とともに年々暑さには強くなってきているのでどんどん進めています。
その代わり冬の寒さには年々弱くなってきているのですが・・・

そんな中、ニンニクの収穫をしました。
とりあえずジャンボニンニクの様子です。

IMG_3986.JPG

前回の他のニンニクの収穫時にはまだ何とか株が見えていたのですが、
わずか2週間足らずで完全に埋もれてしまいました。
この時期の雑草の生長スピードは凄まじいです。

雑草をかき分けて何とか見つけました。

IMG_3987.JPG

すっかり枯れ込んでしまいました。
でもまぁこれが収穫の合図でもあります。

ということで収穫しました。

IMG_3988.JPG

先程のジャンボニンニク専用スペースで栽培していたのが左から5株です。
それぞれ3個ずつムカゴが付いていました。
これも食べれますしタネにもできます。
ただ食べるには小さ過ぎますし、
これから栽培するには大きくなるまで何年もかかります。
そんなムカゴが何年もかかって大きくなったのが右端の株です。
一番最初にジャンボニンニクを栽培した別のスペースの土の中にムカゴが残っていたようでして、
何年も何年もかかってやっと蕾が出てきました。
この蕾が出てきたかどうかが収穫サイズになったかどうかの分かれ目です。
そして今回一番大きかったのがこの株でした。
こちらはムカゴが9個も付いていました。

今年はジャンボもイマイチな大きさでした。
他のニンニク同様にタネ埋め時期が遅れたのが原因だと思われます。
ジャンボと言える範疇に入っているのは2株だけ。
しかもどちらもジャンボとしては全然小さいです。
土作りは着実に進んでいると思いますので来年は挽回した結果を出したいです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする