2011年08月12日

トウモロコシを収穫しました

凄まじい猛暑で短時間しか畑に滞在できません。
草刈りの作業がはかどらなくて困っています。

そんな中、トウモロコシがいくつか枯れてきました。
それではこれがトウモロコシの様子です。

トウモロコシ201.8.11.jpg

枯れてるのと青々したのとが混在しています。
タネを何度も蒔き直したのでそれぞれ全然発芽した時期が違います。
まだ20〜30pくらいの高さの株もあります。
枯れてきたのを収穫することにしました。

トウモロコシ房2011.8.11.jpg

これが一番大きいですかねぇ...
とりあえず次々と収穫していきました。
そしてこれが今回の全収穫量です。

トウモロコシ収穫2011.8.11.jpg

5本収穫しました。
皮を剥いてみたんですが全然実が詰まっていません。
これは完全に失敗ですね...
昨年は摘果しなくても大きく育ってちゃんと実が詰まっていたんですが、
今年は生長自体がイマイチでした。
これが自家製タネの限界でしょうか?
それとも今年の気象状況の影響でしょうか?
まだたくさん残っているので後続に期待したいところですが、
今年は駄目っぽい感じがしています。

まともにかぶりついて食べるほど実が無いので、
1粒ずつ手で取ってから生で食べてみます。
あぁ〜くやしい!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | トウモロコシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

トウモロコシの様子

2日続いた凄まじい台風のせいで畑がメチャクチャになってしまいました。
桃が落果してしまったりイチジクが倒れてしまったりその他野菜も倒れまくってしまいました。
何とか壊滅的な被害は免れましたが、
今日は大慌てで修復の作業を行いました。

そんな中、トウモロコシに次々と実が出てきました。
それではこれが今日のトウモロコシの様子です。

トウモロコシ2011.7.20.jpg

台風でほとんどが倒れてしまったので、
起こして竹を支柱にして支えています。
中には折れてしまったのもありました。
自然の猛威の対してはなす術がありません。

今年のトウモロコシは昨年に栽培した極甘コーンの2代目です。
ひと房だけ収穫せずに枯れるまでそのままにしておきました。
それを冬に収穫して春まで保管して種蒔きしました。
これがどうにも発芽率が低くて10回近くタネを蒔き直しました。
なのでかなり生長に差が出てしまってます。
5月に蒔いたのはここまで育っています。

トウモロコシ果実2011.7.20.jpg

昨年はひと株に2〜4つくらい実をつけたままにしたんですが、
今年はちゃんと一番上の1つだけを残して下の実は取り除いています。
これでもっと大きいのが収穫できることを期待しています。
来月早々にも収穫できると思います。

7月に入ってからも場所が残っている限りまだ蒔き直しています。
なのでこんなのもあります。

トウモロコシ生長過程2011.7.20.jpg

これは一番小さいのですがそれぞれすべて大きさが違います。
30株の予定の内28株が発芽生長しています。
あと2株も発芽するまで何度でも蒔き直すつもりです。

トウモロコシを自家製のタネから栽培するのは結構難しいんですね。
ここまで発芽率が低いとは思っていませんでした。
発芽した日がバラバラな分、
数ヶ月に渡ってぼちぼちと収穫できるので、
その方がうちで食べる分には理想的ではあります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | トウモロコシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

極甘コーンを収穫しました

毎日続く凄まじい猛暑の中でも植物は生長を続けています。
水は雨まかせなのでこう毎日晴れてばかりでは水分が足りているのか不安になります。
でも今日やっと短時間ですがひと雨降りました。

今回は黒豆と落花生について書くつもりだったのですが非常事態が発生しました。
なので急遽トウモロコシについて書くことにします。
とりあえずこれが今日の様子です。

コーン全景2010.7.28.JPG

しっかりと実が大きくなってヒゲが枯れてきました。
もう収穫すべきなのかな...と数日前から思っていたのですが、
日数的には来月の初旬なのでもうしばらく待つつもりでした。
そして野菜の様子をそれぞれ見ていた時に何かが落ちていることに気が付きました。

コーンやられた2010.7.28.JPG

せっかく実ったコーンが食い荒らされている...
見るからにぎっしりと実がつまっていていい感じのをやられました。
すぐ下に実っていた小さいのも折れていました。
こちらは未成熟な感じでした。
いったい何者の仕業かと呆然と眺めていると、
うちの向かいにある畑を使っている人が声をかけてきました。
聞くところによるとそちらの畑では猿にトウモロコシをやられて全滅だったんだそうなのです。
うちの場合はひと株だけだったのでカラスの仕業だと言われました。
う〜ん...それにしてはあまりにもきれいに齧ってあるような...
確かに獣的なものだったらもっと見境なく他のものも荒らされてると思うので、
やはりカラスなのでしょうか...?
ただうちの畑の近辺に猿が生息しているなんて聞いたことがありません。
なので人間の仕業ではないかという疑念が今も頭の片隅にあります。

とりあえず気を取り直して収穫してしまうことにしました。
ほとんどの株が2本ずつ実をつけているのですが、
中にはこんなのも...

コーン4本実った2010.7.28.JPG

葉っぱが混みあってて見辛いですが4本も実がなっています。
このまま全部の実が大きく生長してくれるのかどうかわかりませんが、
それぞれの株で一番上になっている大きな実だけを収穫しました。

コーン収穫2010.7.28.JPG

種を蒔き直したりして生長が遅れているものもあるので、
今回の収穫は5本だけでした。
1本皮を剥いてみたらちゃんとぎっしりとコーンがつまっていました。
これは大成功と言っていいのではないでしょうか?
100均の種でもちゃんとここまで来ました。
全く耕さず肥料も与えず水も雨まかせです。
ただ土の中に種を埋めただけです。
その後は雑草を株の周囲に敷いただけです。
自然農法の手ごたえを感じております。

それにしても鳥やら虫やらいろいろと厄介な連中が荒らしてくれます。
鳥や虫に対してこれほど殺意が湧いたのは生まれて初めてです。
でもこれこそが農業ってものなんだろうなと思うのです。
私は趣味でやっているだけですが、
生活がかかっていたら鳥や虫との共生なんてきれいごとを言っている余裕なんて無いでしょうから。
農業ってのは自然との戦いなんですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
posted by ひ辻 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | トウモロコシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

紫アスパラと100均野菜タネ3

長かった梅雨がやっと明けたのでしょうか?
今日はとても快晴でもの凄い猛暑でした。

梅雨の中でも野菜達は生長を続けていました。
まずは今日の紫アスパラの様子です。

紫アスパラ2010.7.16.JPG

緑色のわさわさしたのが生えています。
最初は紫アスパラそのものが生えてきてそれがさらに生長するとこんな感じになります。
3株あるのがわかりますでしょうか?
本当は右手前にもうひと株あるのですがどうやら枯れてしまったようです。
左手前の株も一時は駄目かと思っていたのですが復活してきました。
いまだに新芽が出て来ないとなると...
とりあえず来年の春までこのままにしておいて本当に駄目だったら新しいのに植え替えます。

次は極甘コーンです。

コーン全景2010.7.16.JPG

前回と比べるとかなり大きくなってます。
ここまでくるにはいろんな変化があったのですが...
5月の上旬にタネを蒔いてから最初の1ヶ月は生長が遅くて心配でしたが、
暖かくなるにつれて生長のスピードが上がってきました。
特に7月に入ってからは猛烈なベースで生長してました。
全部で9株あるのですが真ん中と左手前の株が生長が遅れています。
発芽が少し遅れたのと発芽せずにタネを蒔き直したのとで致し方ありません。
そして実が出てきました。

コーン房2010.7.16.JPG

それぞれの株に2本ずつ出てきています。
1本にした方が実が大きくなるとかいうのを聞いたことがある様な気がするのですが、
今回は初めてなのでこのまま自然まかせにしておこうと思っています。
どうなるのか楽しみですねぇ。
とうもろこしは90日で収穫だそうなので来月の上旬くらいに収穫ですね。

そして最後に大根です。

大根2010.7.16.JPG

右2列が時なし大根で左2列がかいわれ大根です。
ここではあるロクでもない実験をしています。
題して「竹の地下茎が生えている場所で大根を栽培したらどうなるのか?」
普通大根というのはよく耕した場所で栽培するものですが、
全く耕してなくてしかも地面の中に竹の地下茎がそのまま残っている状態でタネを蒔いたら、
地中へ向けて生長する大根はどうなってしまうか興味がわいたのです。
青首大根だと普通に上に伸びそうなのであえて白首大根にしてみました。
あと「かいわれ大根をそのまま生長させたらいわゆる大根になるのか?」も試してみました。
これはもう見たまんま大根になりつつあります。
竹の地下茎が邪魔して地中へは伸びれないので白首大根でも上に伸びるのか、
はたまた地下茎を避けるようにグニャグニャと曲がった大根になるのか、
まぁいずれは結果が出ます。

他にもいろいろと百均で買ったタネを蒔いてあるのですがどれもうまく行ってません。
レタスに至っては発芽すら確認できないままに全滅でした。
ニラと水菜も一応はわずかに発芽したのですが貧弱過ぎて撮影のしようがありません。
すべてが簡単にうまく行くわけでは無さそうです。
でも経験を積んでデータを蓄えるためにこれからも試行錯誤を続けていきます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | トウモロコシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする