2024年04月24日

キャベツの様子

すっかり春ですねぇ。
てゆうか、もはや初夏のような暑さの日もあります。
だからなのか雑草の勢いがもの凄いことになってきていまして、
刈って行くだけでは到底追いつかないので自然農法では御法度の除草剤を散布しました。
畑を始めた当初と違って今となってはもう若く無いので肉体的な限界が来ております・・・
とにかく畑を完成させるためなら何でもありです!

そんな中、秋に種蒔きをしたキャベツの周囲の草刈りをしました。
とりあえずキャベツの様子です。

IMG_7238.JPG

9カ所に種蒔きしてすべて発芽しましたが1株枯れてしまって今は8株あります。
刈った雑草を周囲に敷いてあります。
秋の間は虫に葉っぱを齧られてボロボロになってしまいました・・・
冬の間は他の作業が忙しくてほとんど放置でした。
春になったら雑草に覆われてしまいました。
キャベツというのは雑草と親和性が高いらしく共生可能と言いますか、
雑草を程よく抑えながら生長すると聞いたことがあるのですが、
どうやらうちの畑の土ではそううまくは行かないようです・・・

でも大きめの株はこんな感じです。

IMG_7239.JPG

葉っぱがきれいですよね。
春になったらボロボロになっていた葉っぱが落ちて新しいのに入れ替わりました。
こんなことが雑草に覆われている中で行われていたわけです。
やはりそれなりにタフなのでしょう。

とは言っても小さい株はこんな感じです。

IMG_7240.JPG

発芽してしばらく経ったくらいの状態に戻ったと言いますか変わっていないと言いますか・・・
先が思いやられますが収穫期は5月から6月にかけてなのでまだ結構あります。
その間にどのくらい生長してくれるか次第です。
ただまぁこれから虫がいっぱい出てくるでしょうから前途多難です・・・

昨年は数は少ないながらもまともなのを収穫はできました。
一応うちの畑の土でもキャベツが結球するんです。
白菜はダメでしたが・・・
とにかくまぁ今年も土作り最優先で行きます。
と言うことで今シーズンスタートです!!!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | キャベツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月08日

晩白柚の収穫をしました

このところ雨が多くて予定していたのよりも作業が遅れてきていて少し焦っています。
毎度のことなんですが本当に事前に思っているようにはなかなか進まないものですね・・・
今日も雨なので久しぶりに記事を入力することができました。

とりあえず、晩白柚の様子です。

IMG_7080.JPG

実の重みで枝が垂れ下がってきて変な樹形になってしまっています。
この苗はデコポンなどと一緒に6本まとめて購入した中のひとつなのですが、
その中でも際立って色艶も良くていかにも優良な苗という感じでした。
実際その通りでして3年目で初収穫できました。
まだろくに農薬も使わず肥料も与えていなかったのにです。
よほど強健な品種なのでしょうね。
ただまぁ初期の頃は味はイマイチだったように記憶しています。
やはりしっかりと施肥をするようになってからだんだんと味が向上してきた感じです。

今年もしっかりと実がなりました。

IMG_7081.JPG

どのくらいの数をならせるのが適正なのか毎年悩むのですが、
品質の向上を見込んでここ何年かで少しずつ減らしてきています。
昨シーズンは1ダースということにしましたが今シーズンは10個にしました。
ただまぁ摘果が難しくてどれを残すのかで毎年もの凄く迷います。
基本的には小さいのや混み合っているところを間引くわけですが、
これが毎度毎度微妙な大きさや位置関係で決断するのがとても難しいのです。
取ってしまった後になってやっぱり残すべきだったとか・・・
今回もいつくもそんなのがありました。

と言うことで収穫しました。

IMG_7082.JPG

写真には9個しかありませんが、
この撮影の2週間くらい前に1個落ちてしまいまして既に拾っています。
ハサミと比べていただくとその大きさがわかっていただけるかと思います。
左端のはこれまでで最大級の大きさです。
やはり数を減らしたことで全体的にも大きめのが多くなりました。
ただ摘果に失敗して右端のような小ぶりなのも混ざってしまいました。
どれを残すかで悩んでいる間に日が暮れてきてしまって、
薄暗い中で慌てて切ったら間違えて大きいのを切ってしまって小さいのが残ってしまいました。
長年やっててまだこんなアフォなことをやらかすとかもうね・・・

これを撮影したのは3月中旬でして、
もう既に食べ始めています。
今シーズンは台風がほとんど来なかったのと暖冬だったこともあって、
落果が少なくて長く木にならせておけました。
なので樹上でだいぶ完熟が進んだのではと思っていたのですが、
食べてみるとまだ結構妙な酸味が残っている感じもしました。
かなりの味の向上を見込んでいたのですが今のところは期待していたような効果は感じられません。
しばらく追熟させたのを食べてみてから判断するつもりです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月20日

不知火を収穫しました

今日は畑に出かけようとしたら晴れているのに突然の豪雨と強風でどうにもならなくなりまして・・・
ここしばらく記事を書く時間を取れなかったのですが、
突如空いてしまったこの時間を使って入力しています。

と言うことで、とりあえずデコポンの様子です。

IMG_7019.JPG

左側がすでに収穫を終えている早生不知火で右側が不知火です。
当初は早生不知火がなかなかうまく生長してくれず、
半ばあきらめかけていた頃にたまたまホームセンターで見かけて購入したのが右の不知火なんです。
まだ小さい1年生の苗の段階で実が1つなっていまして、
これなら行けるかもしれないと安直な考えて買ってきて植えてみたのですが、
これがもう全然大きくならなくてですね・・・
後になってわかったのですが抗生物質か何かで無理矢理実がならせてあるだけで、
ああ言うのはまり良くないのだそうです。
お恥ずかしい限りですが昔は本当にそんなレベルでした。

でも今はこんなにたくさん実がなるようになりました。

IMG_7020.JPG

早生不知火の方ほどではありませんがこちらも結構大きめの実が多めでした。
昔のことを思い起こすとこの光景は本当に感慨深いです。
もう何度あきらめてかけて伐採してしまおうと思ったことか・・・
長年の試行錯誤がようやく実りました。

と言うことで収穫しました。

IMG_7021.JPG

43個あります。
早生不知火の半分ほどですがこれまでのことを思えば大収穫大躍進です。
何しろ昨年はたったの8個だったのですから。
なぜたったの1年で5倍の収穫ができたのか不思議に思いませんか?
それはズバリ、剪定の妙です。
長年かかってやっと剪定の仕方がわかりましてそれがほぼすべてと言い切れます。
ハァ〜〜〜ここまで長かった・・・

もう既に食べ始めています。
樹上完熟なので追熟無しで十分に甘いです。
ただまぁ味としては十分においしいものの早生不知火ほどまでは行けていません。
あちらは大ぶりなのが多くて味も濃厚でした。
こちらは小さい実も結構混ざっていましたし果皮がくすんでいたのも結構ありました。
まだもうひと踏ん張り必要なかとも思っています。
まだまだ今後も精進あるのみです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする