2017年05月01日

ファイナルステージを開始しました

全面竹林と化してしまった畑の開墾を始めて昨年いっぱいでちょうど10年。
今年から11年目に突入しました。
とりあえず畑の様子です。

畑2017.4.24.jpg

春の暖かさとともに雑草がグングンと伸びてきています。
手前が野菜栽培ゾーンの葉野菜栽培スペースです。
4面あります。
左側に切って積んでおいた竹が残っていまして、
まだこのスペースは完成まで行っていません・・・
その奥には果樹ゾーンがありまして10数本栽培しております。
さらに奥にはタケノコ栽培ゾーンの竹林があります。
タケノコの供給過多でこのスペースの縮小を決意しました。
開いたスペースに果樹を植えようかとも思っていますが、
今でも十分に世話が大変なのにこれ以上増やして手が回るのか?という問題もあります・・・

そしてこちらは根野菜栽培スペースです。

根野菜栽培スペース2017.4.24.jpg

こちらは一応完成しています。
こちらも4面あります。
すべて掘り起こして竹の地下茎と石を取り除いてあります。
硬い粘土質の土を砕こうと麦を栽培したりもしました。
今の土の状態がどのくらいか見てみました。

土2017.4.24.jpg

雑草の根っこがたくさん入り込んでいる感じではありますが、
硬くて粘っこいのはあまり変わっていないようにも感じます。
ここ3・4年も土作りに専念してきてこれでは・・・
もっとフカフカな感じを期待していたんですがねぇ・・・
竹林や果樹ゾーンの一部は既にそんな感じになってきているのですが、
野菜ゾーンの方はまだまだのようです。
10年もかかってこれでは無力感を感じずにはいられませんが、
それでも作物自体はそこそこ大きく育つようにはなってきているのも事実です。

ということでファイナルステージ最初の種蒔きを行いました。

タネ2017.4.24.jpg

スイカです。
かつて黄色の小玉スイカは栽培したことがあるのですが、
今回は同じ黄色でも大玉です。
かなり悪戦苦闘しそうな予感がしますが強行突破あるのみです。

そして今のところこんな状態です。

種蒔き完了2017.4.29.jpg

1ヶ所に5粒ずつ2ヶ所に蒔きました。
発芽直後を鳥や虫にやられないようにペットボトルのシェルターを被せてあります。
こんなのを被せるのは自然農法らしくありませんが致し方ありません・・・

野菜ゾーンの栽培スペース8面のうち1面はニンニク専用でしてただ今栽培中です。
さらにもう1面では自生しているシソを栽培する予定です。
そしてスイカに1面使いました。
残りの5面もすべて使います。
もう既にタネは購入済です。
今年はすべての栽培スペースをフル稼働します。

まだまだ畑の整備作業が終わっていませんでして未完成な状態なのですが、
それでも本格栽培に踏み切りました。
10年もやっていてこれ以上テスト栽培ばかり繰り返していられませんので・・・
まだ当分は栽培と整備の両方を平行してやって行くしかありません。
今後も様々な困難が待ち受けていると思いますが打ち勝っていく覚悟はできています。
ということで自然農法への道、ファイナルステージスタートです!!!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

タケノコを収穫しました

今年もタケノコの季節がやってきました。
実は3月下旬に小さいのを少しだけ収穫していまして既に食べております。
その時は刺身にして食べました。
早い時期の掘り立てならエグミがほとんど無いので生で食べれるんです。
生産者の特権ですね。

ということでとりあえず竹林の様子です。

竹林2017.4.13.jpg

かつては畑全面が竹林でしたが今は奥の方に5メートル四方だけです。
もっと広く生えているように見えるかもしれませんが、
奥の向こう側は隣の土地に生えている竹です。
元はと言えば隣の畑が植えた竹がうちの畑に侵入してきたんです。
迷惑な話なんですがそのお陰でタケノコが採れるわけです。

地面のあちこちから突き出ています。

タケノコ2017.4.13.jpg

竹が生えていない竹林の外側から先にタケノコが発生します。
竹というのは何よりも勢力拡大が最優先なんですね。
地下茎の伸びるペースは恐ろしく速くていつの間にか果樹ゾーンにまで侵入してきました。
栄養を求めて果樹の真下まで地下茎が入り込むので手に負えません。
今もまだ果樹への施肥の作業をしていまして入り込んだ地下茎を取り除きました。
これが凄まじく大変な作業でして・・・
さらにこれから竹林の周囲を掘り起こして地下茎を切らなければなりません。
今年は筋肉痛との闘いになりそうです・・・

プロのタケノコ農家なら地面に藁を敷いてその上から土を盛って、
タケノコが上がってきても日が当たらないようにするのですが、
うちではそこまでできませんのでこうなってしまいます。

タケノコ突き出2017.4.13.jpg

思いっきり地面から突き出てしまっています。
日に当たっていない状態だと穂先が黄色いのですが、
日に当たると緑色になってしまいます。
こうなるとエグミが回り始めます。
これでは本来は商品にはならないはずなのですが、
地元のスーパーにはこんな状態のタケノコでも売っていますね。

ということで片っ端から収穫しました。

タケノコ収穫2017.4.13.jpg

小さいのが多いですね。
収穫始めは毎年こんな感じでして4月20日くらいから大きいのも出始めます。
うちの家族だけでは食べきれないので半分くらいは親戚や知人にあげました。
毎日食べ放題状態です。

これらの写真の収穫をしたのが4月13日でしてさらにそのあとの21日にも収穫しています。
その時は撮影はしませんでしたがもっと大きいのがたくさん取れまして大収穫でした。
でも13日に収穫した分がまだ残っている状態でして迷ったのですが、
タケノコが大好きな親戚がいるのでそこにもらってもらうつもりで収穫しました。
ところがその親戚が旅行中なのが収穫後に電話してから判明しまして・・・
他の親戚や知人にもあたったのですが僅かしかもらってもらえませんでした・・・
タケノコは鮮度が重要なので旅行から帰ってくるまでもちません。
なので泣く泣く竹林の中に置いてくるしかありませんでした・・・
これが販路を持たないド素人の辛いところです。
うちの家族や他の親戚ももっと若ければ食べる量やペースも速くてどうにか消費できるのですが、
今となっては皆年寄りなので若い頃のようには食べれません。
改めてさらに竹林のスペースを縮小することを決意しました。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

セットタマネギ失敗しました・・・

初めてのタマネギ栽培に失敗しまして、
ならばと生長不良の苗を有効活用すべく挑んだセット栽培でしたが、
まぁこんなことになっていまして・・・
とりあえず、タマネギの様子です。

タマネギ2017.4.12.jpg

雑草と見分けがつき辛いと思いますが一応株が並んでいます。
まぁそもそもセット栽培というのは秋の終わりから冬に収穫するものですので、
翌年の春になってもまだ畑にあるという時点で失敗なわけです・・・

じゃあ今どうなっているのかと申しますと・・・

タマネギ長ネギ化2017.4.12.jpg

長ネギと化してしまいました・・・
本物の長ネギとは違いますが葉っぱだけがどんどん大きく長くなってしまいました。

じゃあ肝心の玉はどうなったのかと申しますと・・・

タマネギ太らず2017.4.12.jpg

萎んでしまいました・・・
元はゴルフボールサイズだったのですがこの有様です。
葉っぱの生長とともに栄養を取られてしまったようです。
でも一時的にそうなるだけですぐに太りだすはずなのですがこのままでした・・・

このまま置いておけば春の暖かさとともに太るのかどうかわかりませんが、
今年からは本格栽培を始めますのでこんなデタラメなものは撤去することにしました。
ということで収穫しました。

タマネギ収穫2017.4.12.jpg

タマネギの葉っぱは食べれるんだそうでして結構おいしいんだそうです。
収穫したその日に鍋の具にしてみました。
長ネギよりも柔らかくて普通に食べれますね。
でも長ネギほどは風味が少ないようにも感じました。
まぁ食材としてはありだと思います。

これまでのデタラメ栽培の最後ということで記事にしてみました。
もうこんなことはこれでおしまいです。
今年はタマネギは栽培しませんが、
またいつかやる時には周到に準備をしてうまくやってみせます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | タマネギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

甘夏の収穫をしました

お久しぶりです。
前回記事からひと月以上あいてしまいました。
ほとんど毎日畑には行っておりましてネタが無いわけではないのですが、
畑での作業の忙しさと仕事の忙しさが相まって文章を入力する気力が・・・
3月からずっと果樹への施肥の作業をしているのですがいまだに終わりません・・・
本数が結構あるというのもあるんですが、
丁寧に細かくいろんなことをやり過ぎてしまうんですよね・・・

そんな中、甘夏がこんなことに・・・

甘夏2017.4.3.jpg

ここしばらくの雨や強風で実が結構落ちてしまいました。
実が青いうちは落ちたりしませんのでそろそろ自然な収穫時ということなんでしょう。
ちなみにうちの地方ではだいたい年末くらいに収穫して追熟して3月くらいに出荷が始まります。
実が寒波に当たると味が落ちるということだそうなのですが、
マイナスの気温になることはそんなにありませんし、
うちでは樹上で完熟させてから収穫しています。

今回もたくさん実がなりました。

甘夏果実2017.4.3.jpg

木が大きいとはいえハッキリ言ってならせ過ぎですね。
高くて手が届かないということもありますし、
他の作業が忙しくて摘果まで手が回りませんでした。

ということで全て収穫しました。

甘夏収穫2017.4.3.jpg

約140個あります。
これまでに10個以上は落ちていて既に収穫していますので、
実際は150個以上はなっていたことになります。
なので実が全体的に小ぶりですね。
毎年こんな状態です。
大きかろうが小さかろうが味は大差無いとは思います。
でもキチンと摘果して数を減らせば、
実が大きくなると同時に味のレベルも上がるのではないかと考えています。
私は正直甘夏があまり好きではありません。
みかんにしては甘味が弱いからです。
2月に収穫したデコポンを追熟後に食べましたがもの凄くおいしかったです。
そこまでとは言いませんがもう少しおいしくしたいと考えています。

ということで剪定をしました。

甘夏剪定後2017.4.3.jpg

最初の写真と比べて上の方の枝がバッサリと無くなりました。
毎年少しずつ高い枝を減らしてきました。
これでやっと何とか私の身長なら手が届く高さになりました。
次からはもっと実の数を減らしてそれでクオリティが上がるのか試してみます。

4月に入りましてもうすぐタケノコの時期ですし野菜の種蒔きもあります。
ひと息つくどころかますます忙しくなります。
仕事の方も今年はかなり手強そうでして・・・
なかなか作業が捗りませんが体はひとつしかないのでボチボチやっていくしかありません。
でも今年は何が何でも本格栽培を開始します!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

梨の剪定をしました

まだまだ寒い日が続く中、
寒いからこそ行う作業を今年もしました。
毎年2月に落葉樹の剪定をしています。
かつては柑橘も2月にやっていたのですが、
常緑樹はもっと暖かくなってからの方がいいとう話をネットで小耳に挟みまして、
それからは春になってからにしています。
もう既に柿と桃は済ませました。
ということで梨の様子です。

梨2017.2.21.jpg

左が愛宕で右がラフランスです。
愛宕は既に剪定してあります。
レンズに指が重なってしまっているのを写真を取り込んでから気がつきました。
まだ撮影に慣れていないんです。
実はカメラを古いコンデジからiPhoneに変えました。
デジカメほどは使い勝手はよくないんですが、
モニターが広いですしピント合わせもしやすいです。
画質もブログに使うには十分過ぎるくらいです。
ここしばらくの写真と比べれば見違えるようにきれいに撮れるようになりました。

まずは愛宕です。

愛宕2017.2.21.jpg

上に高く伸びた長果枝には実がならないのですべて切りました。
横に伸びた枝だけ残してあります。
そして横に伸びた枝には短い枝が出てきています。

愛宕枝2017.2.22.jpg

こういうのを短果枝とかもう少し長いのを中果枝と言うそうです。
和梨はこの短果枝か中果枝に実がなります。

次はラフランスです。

ラフランス2017.2.22.jpg

これも既に剪定が終わっています。
2枚目の写真を撮影した直後にカメラの電池が切れてしまいました。
なので撮影が翌日になってしまいました。
こちらは上に伸びている枝をかなり残しました。

ラフランス枝2017.2.22.jpg

この細長く上に伸びた長果枝の先端に新芽が出てきているのがわかりますでしょうか?
どうやらここに花が咲くようなのです。
和梨と逆なんです。
ここ数年はこの細長い枝をすべて切り落としたり短くしていました。
だから毎年花が咲かなかったんです。
今年も混み合っている部分や曲がった枝は切りました。
でもどれが確実に花が咲くのかまだ確信が持てないのでかなり残しました。
これだけ残せはどれかは咲いてくれると思います。

ちなみにこれは11月下旬に花が咲いたその後の状態です。

ラフランス花跡2017.2.22.jpg

先端部に花が咲いて実がなりかけましが結局12月中には萎れてしまいました。
今年こそは春にキチンと花が咲いてくれることを祈っています。
でないとどちらの梨も収穫まで行けないので・・・
梨は他品種の花粉が必要なので片方だけ咲いてもダメなんです・・・

まともな収穫を体験できていないのは梨だけなので今年こそは成功させたいです。
花粉のこともあるのでもう1本梨を植えるのも検討しています。
とは言ってもこれ以上果樹を増やして世話をできるかわかりませんし・・・
本当にもう果樹は難しい・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする