2017年05月28日

桃とネクタリンの摘果を開始しました

今年はもう果樹にかかりっきりになってしまっています。
まぁ野菜の方は今年は雑草まみれで栽培するつもりなのである程度は放置でもいいのですが、
他にもやることは山積みなのに手が付けれないので焦っています・・・
でも今月中には果樹の作業をひと段落させれそうなので来月からやっと次に進めそうです。

そんな中、桃の花が落ちまして実がなりました。
まずは桃の様子です。

桃2017.5.26.jpg

昨年に実の重みから枝が折れてしまったのですが、
春になったら新しい枝がどんどん伸びてきました。
かつては実のならせ過ぎで枯れそうになったこともありましたが、
いつの間にやら強健な株になりました。

そして実もなっています。

桃幼実2017.5.26.jpg

たくさんなっていますが昨年ほどではないですね。
でも木が小さいので2・30個もあれば十分です。
混み合っているところを最終的に1つに減らすのですが、
桃は毛があるので虫がつきにくいんです。
なのでこっちは後回しにして先にネクタリンから始めることにしました。

ということでネクタリンの様子です。

ネクタリン2017.5.26.jpg

冬にかなり剪定したんですがそれでもまだまだ木が大きいですね。
大木にしてしまってから段階的に切ってきましたが、
来年には理想としている大きさにできると思います。

実もたくさんなりました。

ネクタリン幼実2017.5.26.jpg

こまめに摘蕾しましたのでちょうどいいくらいの数だと思います。
ここからさらに摘果するのですが中にはこんな状態のもありまして・・・

ネクタリン虫食い2017.5.26.jpg

毎年のごとく虫に齧られてしまいました・・・
毎年袋掛けをする前にやられてしまうのでたまりません・・・
どうやら犯人はナメクジのようです。
毛が無いので齧られまくりです。
来年は花が咲いたら即対策を施します。

ネクタリンに関してはこの日に摘果と袋掛けを済ませました。
齧られた実と無事な実が半々で30個くらいでしょうか。
今年はちゃんとおいしい実が少しでも多く収穫できることを願っています。
桃も今月中には済ませる予定です。
さぁ次は野菜ですよ!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

穂先タケノコを収穫しました

もう既にタケノコのシーズンは終わっているのですが、
穂先タケノコというのを収穫しました。

とりあえず竹林の様子です。

竹林2017.5.11.jpg

だいぶ草がボウボウになってきています。
果樹ゾーンの草刈りはだいたい終わっているのですが、
他はまだ全然でしてまた今年も手がつけれなくなりそうな悪寒がしています・・・

そんな中、またしてもやられました・・・

泥棒2017.5.11.jpg

竹の切り株に見えると思いますが、
これはまだ2〜3メートルに伸びたタケノコが切られた状態なんです。
太くて良さそうなタケノコを掘り出さずに残しておいて親竹にするつもりでした。
これまでタケノコ泥棒の被害はあったのですが穂先タケノコ泥棒は初めてですね。
それとも何が違った理由でしょうか?
とにもかくにも親竹用に残しておいたのを根こそぎやられました・・・

でもまだいくつかは残っていました。

タケノコ2017.5.11.jpg

あとから生えてきたあまり太くないタケノコです。
最初からこれを収穫するつもりでした。
この時期は伸びるスピードが速くて数日であっという間に高くなります。

ということで切りました。

タケノコ切った2017.5.11.jpg

必要なのは先端部だけなんですが切りやすい位置で切りました。

そして先端部だけ残しました。

タケノコ先端2017.5.11.jpg

先端から50cmのところで切りましてさらに先端から20cmのところで切った残り30cmの部分です。

これを縦に半分に切ります。

タケノコ中身2017.5.11.jpg

この中身がいわゆる穂先タケノコです。
皮を取り除きます。

I穂先タケノコ2017.5.11.jpg

これで1本の収穫完了です。
このあと7・8本くらい収穫しました。

翌日早速食べてみました。
穂先タケノコは柔らかくてアクが無いので下処理が不要なんです。
なのでいきなりそのまま料理に使えます。
鰹出汁で炊いてみました。
柔らかいとは言ってもそのままだとやはり少し硬いですね。
味も悪くないのですが米ぬかで下処理したタケノコよりは旨味が弱いような・・・
何かいい調理法があるといいのですが・・・

それにしても、また泥棒というか不法侵入者ですよ・・・
何年か前は柿をごっそりやられたこともあります。
監視カメラでも仕掛けてネットで公開してやろうかしら?
ハッキリと顔が映っていたら警察も動いてくれるでしょうか?
竹林を大幅に縮小する決意をしたのでどうせ伐採したかもしれませんが、
心血を注いでいる神聖な畑に他人に勝手に入られるのが我慢なりません。
本音では現場を押さえてその場で駆除してやりたいくらいです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

ジャンボニンニクの様子

ジャンボニンニクの栽培を始めてから7年目。
最初に買った鱗片から累代栽培を続けてきました。
その年によってうまく行ったり行かなかったりでしたが何とか絶やすことはありませんでした。
昨年はイマイチな出来でしたが今年はどうでしょうか?

とりあえずジャンボニンニクの様子です。

ニンニク2017.5.3.jpg

この真ん中の場所がニンニク専用スペースです。
前日まで草ボウボウでしたがすべて刈って敷いてあります。
昨年までは赤丸も栽培していましたが今年はやめておくことにしました。
まともに収穫できなかったこともありますがどうにも土地に合っていないような気がします。
ジャンボニンニクで満足行くだけの巨大な株に育てることができたらまた考えます。

今年はかなり期待できそうな感じです。

ジャンボニンニク2017.5.3.jpg

大きく育っている株の割合が多いです。
昨年の秋に埋めてから順調そのものでした。
これだけコンスタントにうまく行っているのは久しぶりか初めてです。

とは言っても中にはこんなのも・・・

ジャンボニンニク生長不良2017.5.3.jpg

草丈が低くて生長不良なのも2株ありました。
いくつかこういうのが混ざってしまうのは致し方ないところではあります。
左のは虫に葉っぱをやられていました。
雑草が密集して風通しが悪くなるとこうなりやすいです。

今回はむかごからも育ててみました。

ジャンボニンニクむかご2017.5.3.jpg

この小さくて細い株がそれです。
ジャンボニンニクは玉の周囲に小さいむかごが発生します。
それを食べることもできますが小さ過ぎて面倒です。
20個くらいあったと思うのですがすべてスペースの隅っこに埋めてみました。
その中から唯一これだけが発芽しました。
こんなものなのか何か間違えているのか・・・
今年は収穫サイズにはなりません。
来年にどのくらい大きくなるのか楽しみにしています。

最後にこれです。

ジャンボニンニク自生2017.5.3.jpg

ここは最初にジャンボニンニクを栽培し始めた場所でして、
土の中にこぼれたむかごから発芽生長したようでして毎年発生してきます。
何度収穫しても毎回むかごがこぼれているようでして、
もはや自生しているかのような状態なんです。
何だかいかにも自然農法っぽい感じですね。
専用スペースのよりも大きく育ちます。

7月前後くらいがジャンボニンニクの収穫時です。
今年はかなり大きいのが取れそうな予感がしています。
これぞジャンボというのが取れますように。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

ファイナルステージを開始しました

全面竹林と化してしまった畑の開墾を始めて昨年いっぱいでちょうど10年。
今年から11年目に突入しました。
とりあえず畑の様子です。

畑2017.4.24.jpg

春の暖かさとともに雑草がグングンと伸びてきています。
手前が野菜栽培ゾーンの葉野菜栽培スペースです。
4面あります。
左側に切って積んでおいた竹が残っていまして、
まだこのスペースは完成まで行っていません・・・
その奥には果樹ゾーンがありまして10数本栽培しております。
さらに奥にはタケノコ栽培ゾーンの竹林があります。
タケノコの供給過多でこのスペースの縮小を決意しました。
開いたスペースに果樹を植えようかとも思っていますが、
今でも十分に世話が大変なのにこれ以上増やして手が回るのか?という問題もあります・・・

そしてこちらは根野菜栽培スペースです。

根野菜栽培スペース2017.4.24.jpg

こちらは一応完成しています。
こちらも4面あります。
すべて掘り起こして竹の地下茎と石を取り除いてあります。
硬い粘土質の土を砕こうと麦を栽培したりもしました。
今の土の状態がどのくらいか見てみました。

土2017.4.24.jpg

雑草の根っこがたくさん入り込んでいる感じではありますが、
硬くて粘っこいのはあまり変わっていないようにも感じます。
ここ3・4年も土作りに専念してきてこれでは・・・
もっとフカフカな感じを期待していたんですがねぇ・・・
竹林や果樹ゾーンの一部は既にそんな感じになってきているのですが、
野菜ゾーンの方はまだまだのようです。
10年もかかってこれでは無力感を感じずにはいられませんが、
それでも作物自体はそこそこ大きく育つようにはなってきているのも事実です。

ということでファイナルステージ最初の種蒔きを行いました。

タネ2017.4.24.jpg

スイカです。
かつて黄色の小玉スイカは栽培したことがあるのですが、
今回は同じ黄色でも大玉です。
かなり悪戦苦闘しそうな予感がしますが強行突破あるのみです。

そして今のところこんな状態です。

種蒔き完了2017.4.29.jpg

1ヶ所に5粒ずつ2ヶ所に蒔きました。
発芽直後を鳥や虫にやられないようにペットボトルのシェルターを被せてあります。
こんなのを被せるのは自然農法らしくありませんが致し方ありません・・・

野菜ゾーンの栽培スペース8面のうち1面はニンニク専用でしてただ今栽培中です。
さらにもう1面では自生しているシソを栽培する予定です。
そしてスイカに1面使いました。
残りの5面もすべて使います。
もう既にタネは購入済です。
今年はすべての栽培スペースをフル稼働します。

まだまだ畑の整備作業が終わっていませんでして未完成な状態なのですが、
それでも本格栽培に踏み切りました。
10年もやっていてこれ以上テスト栽培ばかり繰り返していられませんので・・・
まだ当分は栽培と整備の両方を平行してやって行くしかありません。
今後も様々な困難が待ち受けていると思いますが打ち勝っていく覚悟はできています。
ということで自然農法への道、ファイナルステージスタートです!!!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

タケノコを収穫しました

今年もタケノコの季節がやってきました。
実は3月下旬に小さいのを少しだけ収穫していまして既に食べております。
その時は刺身にして食べました。
早い時期の掘り立てならエグミがほとんど無いので生で食べれるんです。
生産者の特権ですね。

ということでとりあえず竹林の様子です。

竹林2017.4.13.jpg

かつては畑全面が竹林でしたが今は奥の方に5メートル四方だけです。
もっと広く生えているように見えるかもしれませんが、
奥の向こう側は隣の土地に生えている竹です。
元はと言えば隣の畑が植えた竹がうちの畑に侵入してきたんです。
迷惑な話なんですがそのお陰でタケノコが採れるわけです。

地面のあちこちから突き出ています。

タケノコ2017.4.13.jpg

竹が生えていない竹林の外側から先にタケノコが発生します。
竹というのは何よりも勢力拡大が最優先なんですね。
地下茎の伸びるペースは恐ろしく速くていつの間にか果樹ゾーンにまで侵入してきました。
栄養を求めて果樹の真下まで地下茎が入り込むので手に負えません。
今もまだ果樹への施肥の作業をしていまして入り込んだ地下茎を取り除きました。
これが凄まじく大変な作業でして・・・
さらにこれから竹林の周囲を掘り起こして地下茎を切らなければなりません。
今年は筋肉痛との闘いになりそうです・・・

プロのタケノコ農家なら地面に藁を敷いてその上から土を盛って、
タケノコが上がってきても日が当たらないようにするのですが、
うちではそこまでできませんのでこうなってしまいます。

タケノコ突き出2017.4.13.jpg

思いっきり地面から突き出てしまっています。
日に当たっていない状態だと穂先が黄色いのですが、
日に当たると緑色になってしまいます。
こうなるとエグミが回り始めます。
これでは本来は商品にはならないはずなのですが、
地元のスーパーにはこんな状態のタケノコでも売っていますね。

ということで片っ端から収穫しました。

タケノコ収穫2017.4.13.jpg

小さいのが多いですね。
収穫始めは毎年こんな感じでして4月20日くらいから大きいのも出始めます。
うちの家族だけでは食べきれないので半分くらいは親戚や知人にあげました。
毎日食べ放題状態です。

これらの写真の収穫をしたのが4月13日でしてさらにそのあとの21日にも収穫しています。
その時は撮影はしませんでしたがもっと大きいのがたくさん取れまして大収穫でした。
でも13日に収穫した分がまだ残っている状態でして迷ったのですが、
タケノコが大好きな親戚がいるのでそこにもらってもらうつもりで収穫しました。
ところがその親戚が旅行中なのが収穫後に電話してから判明しまして・・・
他の親戚や知人にもあたったのですが僅かしかもらってもらえませんでした・・・
タケノコは鮮度が重要なので旅行から帰ってくるまでもちません。
なので泣く泣く竹林の中に置いてくるしかありませんでした・・・
これが販路を持たないド素人の辛いところです。
うちの家族や他の親戚ももっと若ければ食べる量やペースも速くてどうにか消費できるのですが、
今となっては皆年寄りなので若い頃のようには食べれません。
改めてさらに竹林のスペースを縮小することを決意しました。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする