2016年10月27日

有機農法始めました

うちの畑は4つのゾーンに分かれています。
一番奥がタケノコゾーンの竹林、
真ん中が果樹ゾーン、
農道の手前が野菜ゾーン、
そしてその右手の中途半端な広さの場所が山菜ゾーンなんです。
野菜に関しては完全無農薬無肥料でやっていますが、
果樹に関しては農薬も肥料も使っています。
じゃあその中間の有機農法を山菜ゾーンでやってみることにしました。

とりあえず山菜ゾーンの様子です。

山菜ゾーン2016.10.12.JPG

支柱を立てて栽培スペースを分けています。
2m×4mと2m×5mの2面だけです。
ここは畑を初めて一番最後に手を付けた場所でして、
毎年雑草ボウボウのまま放置してきた場所でもあります。
イチゴの栽培を始めたものの雑草刈りが追いつかずにすべて枯らしてしまったこともあります。
山菜とは言ってもいわゆる山菜限定ではなくて多年草専用のゾーンということなんです。
アスパラとかネギとかニラとかを予定していました。
もっと早くに始めるつもりだったのですが他の作業が忙しくて手が付けれませんでした。

ということでまずは穴掘りから始めました。

穴掘り201610.13.JPG

奥のスペースの半分を掘りました。
これがかなりしんどい作業でして・・・
ここしばらく力仕事はしていなかったのでかなりこたえました。
すっかり体がなまっていますね。
また鍛え直さねば・・・

掘り辛い要因はこれです。

粘土2016.10.13.JPG

雑草で土が砕かれていることを期待していたのですが、
やわらかいのは地表から5cmくらいだけでして、
ちょっと深く掘るとまだまだ硬い粘土質のままでした。
粘土の固まりがゴロゴロ出てきます・・・

地層はこんな感じです。

地層2016.10.13.JPG

40cmくらいの深さまで掘りました。
雑草の根っこが10cmくらいのところまでしか行けていません。
うちの畑の土地の過酷さを物語っています・・・
モグラの穴もありますね。

有機農法とは言いましてもいわゆる有機肥料を使うわけではありません。
あくまで土に栄養を与える手法で行きます。
まずはこれです。

雑草敷き2016.10.14.JPG

雑草をたっぷりと敷きました。
うちの畑はヨモギが大量に自生していてとても厄介なんです。
ヨモギは地面に敷いただけでは茎からも根が生えてきてすぐに復活どころか増殖を始めます。
なので一番下に敷いてやりました。
その他雑草も敷きまくりました。

そしてその上に隠れる程度に土を戻しました。

雑草埋め2016.10.14.JPG

硬い粘土質のを先に入れました。
掘ってから2日後なんですがもう石みたいにカチカチに乾いて固まっていまして・・・
先が思いやられますね・・・

次はこれを敷いてみました。

枝敷き2016.10.15.JPG

木の枝です。
主に果樹を剪定した時の枝です。
他にも畑の周囲の雑木の枝も入れています。
徐々に朽ちて行って徐々に肥料効果が出てくるのを期待しています。

そしてまた土を戻しました。

枝埋め2016.10.20.JPG

硬い粘土も混じっていますが掘った時に感じたのよりは案外砕けていました。

これで終わりではありません。
さらに上に雑草を敷きました。

雑草敷き2016.10.22.JPG

こんなしんどい作業を毎年のように繰り返してはいられませんので、
可能な限りたっぷりと仕込んでおくことにしました。
今度はタネで増えるタイプの普通の雑草が中心です。

最後に土をすべて戻して完了しました。

雑草埋め2016.10.26.JPG

でもこのスペースの半分だけです。
まだもう半分が残っています。
半分だけで10日以上かかってしまいました・・・
でも少しは作業に体が慣れてきたのでもっとペースを上げれそうです。

まだもう1面残っていますしそっちの方が広いですし、
まだそっちは金属片やガラスの取り除きが終わっていませんし・・・
すべての作業が終わって山菜ゾーンが完成するまで、
あとどのくらいかかるのか気が遠くなりそうです・・・
年内には終わらせたいのですがどうなることやら・・・
でも何が何でもやり遂げます!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 18:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 土作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

黒豆を枝豆として収穫しました

お久しぶりです。
ここしばらく台風の影響で雨が続いてまるで作業が捗りません。
予定していたことがひと月以上遅れてしまって計画変更を余儀なくされています・・・
もう正月明けまで雨降らなくていいよ・・・

そんな中、丹波の黒豆の収穫時期がやってきました。
とりあえず黒豆の様子です。

黒豆2016.10.15.JPG

根野菜栽培スペースを4面すべて使って栽培中です。
生長の度合いはまちまちなんですが、
大きいのはもの凄くわさわさになっています。

莢も鈴なりにたくさんなっています。

黒豆莢2016.10.15.JPG

ただまぁあまりにも枝が多過ぎます・・・
株がまだ小さい時に結構剪定したんですが、
それでも夏の間にグングン生長しまして手が付けれなくなりました。
花が咲くまでにもっとこまめに剪定すべきでしたね。
枝が混み合ってしまってメチャクチャです・・・

ということで収穫を開始しました。
黒豆の枝豆収穫時期は10月中旬からひと月くらいなんです。
今さら遅いんですが剪定も兼ねて収穫しようと思いまして、
下向きの枝を刈り取りながら収穫していきました。
そしてこれが今回の収穫量です。

黒豆収穫2016.10.15.JPG

他の作業もあるので少ししか収穫できませんでした。
枝が混み合っているので取り辛いの何の・・・
地面スレスレに莢があるので雨水による土跳ねで汚れています。
外側が結構虫にやられていましたが中身は案外無事でした。

その日の晩酌で早速食べてみました。
黒豆の風味があるひと味違う枝豆なんです。
次々に口に入れていたら全部食べてしまいました。
これからぼちぼち収穫しつつ食べて行きます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

セットタマネギ始めました

初めてタマネギ栽培をやってみたものの案の定うまく行きませんでした。
でもネットでタマネギについていろいろと調べていたらある栽培法を目にしました。
本来タマネギは秋に種蒔きして春に収穫するのですが、
その栽培法では春に一旦引っこ抜いたタマネギを夏の終わり頃に植え直して冬に収穫するんだそうです。
そういうのをセット栽培というんだそうです。
ちょうど今頃にホムセンでホームタマネギという名称で小さい球のが売られています。
本来は春先に種蒔きして春の終わりに小さいまま収穫するのがセット栽培なのですが、
うちのタマネギは秋に種蒔きしたにも関わらず、
春になっても小さいままだったのでセット栽培に切り替えることにしました。

ということでとりあえずはこれをご覧ください。

タマネギ2016.5.29.JPG

これは10月初旬に種蒔きしたものでして5月下旬の様子です。
年内に植えれるほどの大きさにならなかったので庭にそのまま置いておきました。
春になっても微妙にしか生長しませんでした。
なのでこれをセット栽培に使うべく抜いてみました。

タマネギ株2016.5.30.JPG

50株ほどありますね。
タマネギって結構発芽率が高いんですね。
ただ狭い鉢の中ですし詰めだったので大きさが・・・

タマネギ球根2015.29.JPG

大きくてもラッキョサイズがせいぜいです。
こんなんじゃセット栽培に使うにしても小さ過ぎます。
小さいのはこんな状態でして・・・

タマネギ腐敗2016.5.29.JPG

生長不良のは痛んでいるのが多いです。
こんな豆サイズのが使いものになるんでしょうか・・・

ということでセット栽培の時期がやってきました。

タマネギ球根2016.9.3.JPG

上のがさきほどの小さいのばかりの株です。
かなりの株が枯れてしまいまして30個くらいしか残りませんでした・・・
4ヶ月ほどの間に激減してしまいました。
下のは前回記事の7月中旬に収穫した株です。
ゴルフボールサイズのはセット栽培には少し大きいかもしれませんが、
他のはホームタマネギと同じくらいだと思います。

ということで畑に持って行ってセットしてみました。

タマネギ球根大2016.9.3.JPG

土の上にのせただけです。
これでまた根っこが生えてきて新芽が出てくるわけです。

ただ小さいのはセットし辛かったです。

タマネギ球根小2016.9.3.JPG

敷いてある雑草に隠れてしまうのでどうなるのやら・・・
でもこんなのでも数日後にはちゃんと根が張り始めていました。
タマネギって生命力が強いんですね。

どんな感じに植えようかいろいろ考えて悩んだんですがこうしてみました。

タマネギ2016.9.3.JPG

栽培スペースの外周部に横に並べました。
もっと密植するのが本来のやり方なんでしょうけれど場所がありませんでして・・・
まぁ何とかなると思いたいです。

ということでセット完了しました。

タマネギ栽培2016.9.3.JPG

この白菜と春菊を栽培しているスペースの外周にぐるりと植えてあります。
もういくつかの株から芽が出てきています。
でもおそらく年内に収穫できたとしても10株くらいでしょうね。
それ以外のほとんどは来年の春までかかりそうな気がします・・・
種蒔きから収穫まで1年以上かかるとか困ったものです。

相変わらずデタラメで行き当たりばったりなことばかりやっていますが、
こんな間抜けなことはもう今年までのつもりです。
今はあくまでテスト栽培なので あ え て 適当にやっています。
いろんな野菜の栽培を経験して失敗を繰り返してきたことで地道に学習してきました。
理想にはまだまだ程遠いですが土作りも着実に進んでいます。
年内に畑を完成させるべく頑張ります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:10| Comment(2) | TrackBack(0) | タマネギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

白菜の様子

お久しぶりです。
草刈りが忙しくて他のことに構っている余裕がありませんでした。
今の私の作業状態では一体何のために畑をやっているのかわかりませんね・・・
でも決して除草剤は使いません。
いつか必ず雑草を制御できるようになってみせます。

そんな中、いまだに白菜が結球しません・・・
とりあえず白菜の様子です。

葉野菜ゾーン2016.8.27.JPG

ここは葉野菜ゾーンです。
何とか数日前に草刈りが完了しました。
でも手前のところが既に復活してきていますね・・・
白菜は見ての通りでこの広い中にポツリポツリとあります。
手前のわさわさしているのは水菜です。
雑草に覆われてしまっていて白菜ともども収穫できませんでした。
もう本当に何のために・・・

そして白菜はこんな状態です。

白菜2016.8.27.JPG

ほとんどが開いてしまっていて結球には程遠いです。
雑草に覆われている時はもっとシャキっとしていたのですが、
雑草を刈ってしまったらこんな状態になってしまいました。

実はこんなことになっているんです。

白菜芯食い2016.8.27.JPG

中央部が虫にやられてしまっているんです。
ちょうど芯の部分が食害されています。
葉っぱを取ってみると中から何かの幼虫が出てきます。
シンクイムシとかいうやつでしょうか?
ナメクジに外葉を齧られている分には何とか生長できるんですが、
芯の部分を食われてしまうと新しい葉っぱが作れないので枯れるしかなくなります。
これは本当に厄介ですね。

何とかまともに生長できているのはこんな感じです。

白菜結球2016.8.27.JPG

4月に種蒔きしていまだに収穫できてないとかまともとは言えないかもしれませんが、
この中では一番大きいです。
結球の始まりかけという感じでしょうか?
同じようなのがあと1株だけあります。

初めて白菜を春蒔きしてみましたが結局うまくいきませんでした。
秋蒔きですら成功とまでは行っていないのに無謀なチャレンジでしたかね?
半分以上が枯れてしまったので空いた場所に種蒔きしておきました。
生き残った株ともども年末年始くらいには収穫したいものです。
それにしても、また厄介な害虫がいるものですね。
そんなのに負けないくらいに元気にグングン生長するような強い野菜を栽培できるようにならなければ。
そのための土作りにやっぱり草刈りを今はひたすら続けて行きます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 白菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

ネクタリンの収穫をしました

毎年毎年まともに収穫できたことが無かったネクタリン。
今年は例年に無くそこそこ結実してしっかりと袋掛けもしました。
さて、どうなったかと言いますと・・・

とりあえず、ネクタリンの様子です。

ネクタリン2016.8.6.JPG

冬にかなり大胆に剪定したつもりだったのですが生長が速いですね。
葉っぱが全部落ちているとこのわさわさの状態を想像できないので、
どうしてもまだまだ剪定が手ぬるいんでしょうね。

一番良さそうな実はこんな感じです。

ネクタリン果実2016.8.6.JPG

いい感じに色づきました。
桃と同じ大きさなんですね。
もっと小さいのかと思っていました・・・
やはりこれまでの果実はまともな状態じゃなかったということですね・・・

袋掛けをしてあっても虫が侵入するのか枝に当たって傷が付くのか、
痛んでしまったのも結構ありました。

ネクタリン樹液2016.8.6.JPG

袋を外して色を確認している時に落ちてしまったのですがまだ青いですね。
そして樹液のようなのが付いているんです。
ネクタリンというのは木からも結構樹液が出るんですが実からも出るんです。
傷を樹液でふさいで痛まないようにしているんでしょうか?
とは言ってもそれも限界があるようでどんどん痛んでいきます・・・

ということで収穫しました。

ネクタリン収穫2016.8.6.JPG

ほとんど収穫するつもりだったのですが大半はまだ青い状態でして結局4つだけ収穫しました。
そして下2つは半分腐っていました。
傷んだ部分を取り除いて食べてみましたが、
それなりにネクタリンっぽい味はするもののイマイチでした・・・
一番大きくて赤い実は私ではなくて家族が食べましたがかなりおいしかったそうです。

僅か1つだけであったとしてもついに初めてまともな果実の収穫に成功しました。
7・8年も栽培していて年に一歩ずつだけですが着実に進歩してきました。
しっかりと剪定してしっかりと摘蕾してしっかりと摘果してしっかりと施肥する。
しっかりと手間をかけてこそなんですね。
植えておけば勝手に育って勝手に実がなるわけでは少なくともネクタリンは無いようです。
袋掛けももっともっと丁寧にしっかりと隙間無くやらなければなりませんね。
果樹に関しては私のデタラメ自然農法が通用するほど甘くは無いようです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする